FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACE2 その8

●姉さんバロンズゥ出したところで力尽きてエースとシークレット集め放棄してたんですが、何度もやっているうちにいつの間にか夜天光・ノイエ・サザビーと編入可能に。条件何なんだろ……

●ようやく編入可能になったサザビー、リスト見たら「サイズ:L」であれぇ?と一瞬焦った。
そういえばこのゲームでは十分にLサイズなんだよなサザビー。

●難易度エースでノイエ・ジールに挑んでみる。
……ムリ。倒せん。超強い。有線式クローアームで狙撃してこっちの態勢を崩しつつメガカノン砲撃ってきて、ビーム攻撃の嵐がやめば今度はミサイルがぞこぞこと飛んでくる。
てゆーかあのクローアームって回避可能なのかと。ブラックサレナとか使っても振り切れんし。どうあがいても確実に死角に入り込んできた上で狙撃してくる。ブレン使ってクローが伸びたのを見たら何も考えずにバイタルジャンプ連打とかでなら回避できるが、狙って避けるのはオールドタイプの俺には不可能だ。
せめて射撃起点を視認できればまだ避けられるんだろうが、宇宙だとクローアームなんて見えねえよ。

●しかしノイエとかデンドロ使っても「THE WINNER」なのはちょい締まらんな。こっちも好きな曲だけどやっぱりこいつら使うからには滅び行く世界で絶望の宇宙を駆け抜ける嵐になりたいわけですよ!*1未来は誰のためにあるんだよ!

ところでプロモ見た時はヴァル・ヴァロいたのにゲームじゃどこいっちゃったんでしょうか。単にスラッシュを見間違えただけか。

●地味なところで特殊会話多いなあ。Mk82発射後のガトーvs勇とか、クビにされたアキトが月へボソンジャンプイベントを見送るマイヨとか。
火星極冠遺跡決戦の月臣相手にはアムロでも会話あるし。
そして正義正義とうるさいゲキガニストに対し、同じく正義正義うるさい空気の読めない五飛にも掛けあいあり。
デビルガンダム相手の場合かなりバリエーションがあって

 アキト「こ、怖くないぞ!」
 ショウ「だから欲望に任せて兵器なんか作っちゃいけないんだよ!」
 ギャブレー「な、なんなのだ、これは。地球の連中はこんなものを……」

とか色々あります。ていうかダバさしおいてギャブレーにあるってなんなんだ。だからお前らそんなに田舎者が好きかぁーっ!

●というかACEのギャブレー君は普通にカッコよく描かれすぎです。こんな「いかにも速水」の2枚目キャラじゃねーよ。これじゃギャブ様の真の魅力を伝え切れていないぜ!
朝飯盗み食いしたりバッシュ見て乗りたーい!とかはしゃいでたり無意味にシャワーシーンを何度も見せてくれた挙句うっかりオールヌードになっちゃったりしてくれないギャブレー君なんかギャブレー君じゃないんだよ!
奴は速水キャラのくせに超コミカル。そこが魅力。
愛のために死ねダバ!とか大真面目に言わないと……って今回それはやったか。

●Gガンといい劇ナデといいEX参戦のわりに手がかかってるよなあ。どっちかというと逆シャアのほうがEX参戦な感じ。ギラ・ドーガとジェガンを使う夢はまたしても破れたか……まあリ・ガズィのBWSとMS使い分けを堪能できるだけでもありがたいけど。なんかホントに対艦戦闘にしか使えねえよBWS。そりゃアムロも速攻パージするよ。

●VF-1のマイクロミサイルとエステバリスのミサイルで発射音違うんだな。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
*1……意味不明
スポンサーサイト

世界の傑作機 ロッキードF-117ナイトホーク

実のところまとまったこの戦闘機の解説を読むのは初めてだったりする。
初のステルス機として航空性能面では非常に制約が大きいということは効いていたが、それを非常に大雑把にまとめると

 最低速度:300ノット
 最大速度:525ノット
 対G強度:6G
 上昇限度:装備満載時8700m
 ペイロード重量:2.2t
 インメルマンターンやスプリットSなどの背面状態になる運動は一切禁止
 AB非装備

……すごい戦闘機もあったものだと思う。しかしそれでも戦闘による損耗は今のところアライド・フォースの時の一機だけだということを考えるとRCSの低減がいかに効果のあるものなのかがよくわかる。

 それにしても試作機のXSTハブ・ブルーはまさにhopeless Diamond。
三角形の面だけで構成された姿は知っていても一見飛行機とは思えない。

 巻末の米軍取材の話では「M1戦車のわきにどっさり徹甲弾が積んであって、それ全部撃っていいと言われた」という話もあり、わが自衛隊のことを思うとなんとなく切なさを感じる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。