FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACE2 その3

●ローリングバスターライフル撃ったらユウ・ブレンを巻き込んじゃって何するんだ!と怒られてしまいました。いや別に狙ったつもりはなかったんだが……

●リクレイマー&ドレイク軍登場。

 ヒイロ「……なぜあいつらが?」
 マーベル「よくわからないけど、オーラバトラーとアンチボディは似 ているところがあります」
 勇「それがお互いに影響を与え合っているのか?」
 イネス「……まったくわからない話ね」

まあ解らないよな確かに。なんてったってオーガニックだし。

 トッド「ママ、この任務が終わったら会いに行くぜ」
 ジョナサン「さっきから聞いてりゃママ、ママ、ママ!お前、他に言うことないのかよ?」
 トッド「なんだよ、お前はママに会いたくなることはないってのかよ?」
 ジョナサン「……あんな自分勝手な女、知るもんか!」
 トッド「素直じゃねえなぁ」
 ジョナサン「なんだと!」
 トッド「おいおい、ほんのジョークだっての。そうムキになるな」

この会話、なんかすげーいい感じだ。母親想いのトッドと、様々な意味で根深いコンプレックスを持つジョナサンとでこうやって見てみるとこの二人の組み合わせはおいしい。……でもこれでまたトッドはマザコンと誤解されるんだろうな(笑

●ボソンジャンプについて不思議がるシーラ様。
 
 シーラさま「あの敵はどこから?」
 ルリ「たぶんボソンジャンプしてるんだと思います」
 シーラさま「ボソンジャンプ……あれが話に聞く、不思議な力」
 イズミ「あなたに言われちゃおしまいですがな」

死ぬほど笑った。その突っ込み、イエスだね!
スポンサーサイト

ACE2 その2

●五飛、やっぱり敵として登場。そりゃEWなんだからそうなんだけど。
……しかしヘビーアームズを使って挑んだおかげで相性最悪。えらい目に合った。

●敵のAPが減少して格闘攻撃の威力上昇&命中補正強化・個別ボタン化で格闘がグッと使いやすくなりました。
前作ではまあなんというか実に哀れだったデスサイズとサンドロック大活躍。
EW版なのでW系は凄い極端な性能です。あと表記が「ウイングゼロカスタム」じゃなくて正規の「ウイングゼロ(EW版)」なのはさすがというべきか。

●ヒイロはあ、出るなと思ったところで登場。デュオの言うとおりおいしいところを持っていく奴だ。

●ドモンの凄まじいまでの空気の読めない登場の仕方はあんまりだ(笑
そりゃグンジェムもビックリだぜ!

●トッドは総集編版の堀内賢雄氏。ま、喋ってくれるだけ御の字ってところでしょうか。

●ガイ「お前、地球人だろ。地球の平和を守るのは当たり前だ!」
……アキトって火星人じゃなかったっけ?

●ガーベラ・テトラvsドラグナー隊。

 ライト「流れの傭兵ってやつか。まったくたいした女だぜ」
 ケーン「ちょいとしつこいぜ、オバサン!」
 シーマ「しつこいのはお前だよ、坊主!」

こういう掛け合いいいなあ。

ACE2・機体ごとの感想

●GP01
もしかしてジュッテ再現してくれるかな?と思ってたらなんと武器化されてました。ただ手動なので原作のようにバシッと受け止めるのをマネするのは結構難しい。いや、原作通りに緊急サーベル防御装置としてホントに使えるっていう時点ですでに大満足ですが。
空が飛べない(ジャンプしても高度が維持できない)という欠点あり。
武装もシンプルなのでやや単調なのが難か。

●GP01-Fb
原作通りのバーニア音で原作どおりにブースターポッドがいちいち回転する
武装より何よりこれが最大の特徴。0083ファン感涙ものですよ。ダッシュするたびにくるくる回転するポッドを見るだけでご飯が3杯くらいはおかわりできるね。
おまけにロングビームライフルもちゃんとありますぜダンナ!
OPムービーでは胸部スラスター展開も披露。いやぁ嬉しいなあ。

●GP-03D
僚機が出せなくなるという欠点はありますがそんな欠点なんざカケラも感じさせないお化けっぷり。
艦船を一撃で沈めるメガビーム砲にザコをまとめて掃除できるマイクロミサイルポッドと大型収束ミサイル+ビーム完全無効化のIフィールド。
展開中にビームが命中したときの微妙な手ごたえがなんだかいい感じです。
ちなみにメガビーム砲を撃つと入力→発射でワンテンポ間が空きますが、何やってんだろと思ってビューワーで見てみたらなんとステイメンがトリガー引いてた。こだわるね、おい。

 エフェクトに関しては威力に違わぬメガビーム砲のド派手な閃光はたまらないのですがマイクロミサイルポッドは…………。
哀しいくらいにエフェクトしょぼいよエフェクト。でも撃つと敵がばたばた落ちていく爽快感はかなりのもの。
 あと零距離メガビーム砲もありますが、ACE2だと手動です。自分で体当たりして主砲を突き刺す→メガビーム砲発射という手順を踏む必要が。これまたえらくこだわってくれる……!
やや難しいですがガキャーン!とうまく刺さったときの快感はたまりません。ファンなら一度はチャレンジすべし。
 
 でかいですが前が見えないよ!ということはないです。ただデビルエステバリスと戦ったときは相手が視認できませんでしたが(笑
MSならともかく、相手が小型サイズだと敵が豆粒のように小さいを通り越してそもそも見えません。
てかザコ相手にすると結構面倒です。小回りきかないし武装はリロードの遅い大型火器ばっかりで、オーバーキルもいいところになってしまう。小物相手のときはとりあえずフォールディングバズーカか大型ビームサーベルで凌ぎ(つっても当たりゃどっちの武器でも敵は一撃で落ちますが)、数が出てきたらマルチロックの収束ミサイルかマイクロミサイルポッド。
そして大物相手にIフィールド作動させメガビーム砲や残しておいた本命を叩き込むのがおつな手というところか。
 このへんの微妙な特性も原作へのこだわりを感じさせます。

●ユウ・ブレン
前回は無限連射ブレンバーしかなかった機体ですが、今回手持ちのミサイルポッドが追加されショーターがチャージ武器化、チャクラフラッシュがまともに使える武器に+演出もかっこよくなってかなり使ってて楽しい機体に。
……でもユウ・ブレンはミサイルポッド使ったことあったっけかな……

 そして最大のウリは白鳥哲のあの独特のボイス。フラッシュ使用時の「コンレントレイト!」といい「チャクラエクステンション・シュートー!」といい、原作未見者が聞くと脱力しかねないあのオーガニック・ボイスを楽しめ!

●リ・ガズィBWS
弱いわけじゃないのですが非常に厄介な機体で、使うときは一撃離脱の鬼になる必要があります。
障害物に接触するとBWSがパージされてしまう上に挙動は航空機タイプなので、最大速度は速いですがその場で静止できないし小回りも効きません。
地上を歩くザクⅡを撃つときとかすっげー苦労します。飛び越しちゃって旋回させられたり、高度を下げすぎて地面と接触してしまったり。
 宇宙で対艦戦をやるときに使うと射程と威力に優れるメガビームキャノン&連射出来るビームキャノンでムサイとかボカスカ沈められますが。
使いこなすには結構熟練が必要かも。

 デンドロもそうですが、こういう特性をゲームにちゃんと反映してくれるのがACEのいいところです。

●リ・ガズィ
MS形態は非常に扱いが素直。
ライフル+サーベルのほかに距離を詰めて狙うと強力な腕部グレネードランチャー、マルチロックできる腰部グレネードランチャーと使い易い。ダミーバルーンももれなく付属。
余談ですが83系機体のビームライフルとはSEが異なります。(前作のようにそれぞれ原作準拠の音)

A.C.E.2 Another Century Episode2

ついに発売!ということで喜び勇んで購入。すごい久しぶりです、こんなに楽しみにしてたの。

●OPムービーは各パイロットのボイスが挿入されるようになりました。
他は店頭デモと変わりないか?
でも何回見てもいいなー、これ。板野サーカスをバイタルジャンプで避けるブレンや、エステバリスとレイズナーによる0083前期OP再現とか。ちゃんとライフルを放り投げてサーベル抜刀→シールド展開と細かいところまで再現されてていい感じ。

●大まかなストーリーはまあ前作とそんなに変化ないです。ただ細かい会話は公式サイトで言ってた通りかなり増えました。
ショウとガラリアの戦いに「ブレンはあの人たちを怖がっていない」という理由で割って入るヒメとか実にブレンっぽくてイカス(笑

●主役級をボスにぶつけると結構会話してくれます。マイヨにアムロで挑むと「連邦の白い悪魔か!一度手合わせしてみたかった」とか。試してないのでわかりませんが結構バリエーションあるっぽいな。

●発進シーンは一度は見ておくと良いと思うです。アルビオンのめんどくせぇカタパルト展開シークエンスがきっちり再現され、ランプのカウンドダウンに従って射出されていく各機体が拝めます。
まあサイズがあわないからなのか、カタパルトに乗らずに自分で飛び出していく奴も多いですが。ブレンはチャクラシールド出してゆっくりと浮かび上がって発艦していったりと芸が細かい。

●BGMもグッとよくなりました。
「In my dream」のピアノイントロ再現具合は素晴らしい。

●今回は敵と斬りあう時、タイミングが重なると鍔迫り合いが発生するようになりました。ボタン連打で敵を吹っ飛ばしてひるませることができます。
格闘攻撃のオートホーミング(ACで言うブレホ)が格段に強化され格闘攻撃がかなり当たりやすくなったことも相まって、頻繁に鍔迫り合うことに。これがまた燃える。
ガトーのGP02Aと戦う時とか普通に何度も鍔迫り合う。ところでグン・ジェムのゲイザムが妙に鍔迫り合いに強い気がしたのは気のせいか(笑

●10ミッション目で試作ガンダム3号機登場。速攻でデンドロ使えます。まあイベントなので3回使わせてくれたあと退場、本格編入は先になりますが。
同時に敵側もノイエ・ジールが出てくるのですがこれがまたあほみたいに強い。
有線式クローアームによるオールレンジ攻撃が避けられません。伸びたクローアームはホントに死角から撃ってくるし、その間本体も普通にメガ粒子砲同時乱射してくるし……
腹部のメガカノン砲も当然強力。さらに前作のα・アジールと違いこいつにはビームサーベルがあるので近寄ったら近寄ったで今度は斬られる。
クローアームはビーム砲デバイスとしてだけでなくちゃんと打突武器としても使ってくるのでこれまた厄介。

 とりあえず最初は素直にデンドロで挑んだほうがいいです。デンドロだとIフィールドあるのでオールレンジ攻撃も平気。常時作動じゃないですが、作動中はビーム攻撃完全無効化できるありがたい代物。(この時微妙に命中すると反動があるのがまた使ってて面白い)
 ユウ・ブレンで挑んだら死ぬかと思いました。ブレンバーではいくら撃っても沈んでくれないでやんの。
つか有線式クローアームでキャッチされちゃったのは思わず吹いた。

 閑話休題。
デンドロでサーベル攻撃しかけたらちゃんとノイエ相手でも鍔迫り合いになってこれまた感激&大興奮。あの0083最終話ラストの地球軌道上での最後の決戦、
「うぉぉぉぉぉ!」
「でやぁぁぁぁぁっ!」

が自分で体感できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。