FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これが、これだけが、俺の自慢の右手だ」の話

本日23時からチャットに出ます。お暇なかた、よろしければ。
 
●「魔術士オーフェン・無謀編?」って聞かれました。
ズバリその通りです。元ネタはピアノ拳ですな。
由真って執事見習いなんだっけか?ということを思い出した拍子にふと閃いたのがきっかけ。
つーか悪逆の姉って言われるとどうしてもあの金貸し尖り目赤貧魔術士の姿が脳裏をちらつくわけですが。
おおよそハーティアとキリランシェロの生活に近いようなものはあったっぽいしな、タカ坊と雄二。

●電撃hp読んだけど、「半分の月がのぼる空」の主役はスズケンか。
まああのキャラのイメージ通りといえばそうだが、また微妙にカッコ悪い役もらっちゃったなあ。
仮にもバルキリーとガンダム、2大リアルロボットを制覇した声優だというのに。
他に両方乗ってるのは速水奨氏(マックス&ニムバス)と子安(ガムリン&ゼクス・ギンガナム)くらいか?
いやターンXはガンダムタイプなのかはちょっと微妙だけど。
 
●D-LIVE!、なんかいよいよ最終回が近づいてきたような雰囲気でイヤン。
まだ乗り物ならいろいろあるだろ。多分。

●まいじゃー委員会が禁書の人気投票やっとります。

http://maijar.org/toaru/
 
インデックスの順位が驚異的なまでに低い件について。
ビリビリ一位はなんとなく予想できたが、カエル先生より低いって……
スポンサーサイト

「スレイヤーズvsオーフェン」 神坂一&秋田禎信

 増刊ですでに読んでるけど何回読んでも笑えるなあ、銀髪執事と高笑い女のコラポレーション。
 オーフェンvsナーガとリナvsキースの描写とか。二人のやるせなさに溢れる仕草がなんとも。ホントまさ50歩100歩とはこのときのためにある言葉だ。
 ブラストアッシュ直撃しても何事もないキースは予想通りながらも笑える。
 ぽいものの微妙な言い回しは秋田氏が書いてるのだろうか。つか神坂パートと秋田パートの違いが妙にわかりやすいな。
……再録で衣装交換の挿絵がつくかと思いましたがそんなことはありませんでした。あーよかった。

●番外編
「お互いにとって豪華な食事を出してみよう」→オーフェン、安売りではない通常価格の桃缶を出す

 まあこの時点ですでに充分笑ったのですが、リナが出したごちそう(リナ的ごちそうなので普通にちゃんとしたごちそう)見て衝撃のあまり人格が崩壊するのはさらに笑った。
キリランシェロ顔のオーフェンとかキモいよ(笑

 あとアレだ、「戦士を呼べ」で出てくるSSW。いやまあ戦士っちゃ戦士なんだが……

●チャットログ
ホントバカすぎ。
 お前ら何話してんだよってなぐらいのバカ話。まあナノテクノロジーであえてギャロップを残す未来人の感性は確かに謎だけども。
キーガの描写どうしよう?ってのは意外と難航していたらしい。
いや、意外でもなんでもないか?

 衝撃なのは秋田氏の無謀編ゲストキャラはあんまり覚えてない発言。
えー俺はヒュキオエラとか元締めとかSSWとかおしおき水とか忘れようにも忘れられないのですが。
 あと「最硬は地人、最貧なのは主人公、色気はマジク」とか。ミストドラゴンとか天人の遺産じゃなくて地人が一番丈夫なんだ。そういや暗黒魔術にも耐えるし物質崩壊食らっても燃え残るしなあ……
 「扉」後のオーフェンの行き先について気になる発言もチロッと。どーもとことん報われないらしいな、オーフェンは(笑

 関係ない話。
「チャイルドマン教室第一の秘奥・物質の崩壊」
その物質崩壊、無謀編では憂さ晴らしとか借金の取立てとかひも退治とかで平然とばかすか撃ってたわけですが、ネットワークでそれを眺めていたであろうフォルテやチャイルドマン先生は何を思っていたのか気になる。

電撃hpa

俺が読んでるっていうかわかる作品のネタのみですが感想。

●「とある学園の禁書目録」
 6巻時点での登場キャラを限界までバカスカ理不尽に次々登場させて繰り広げられるギャルゲネタ話。
妹キャラとして出てくるミサカとか司書さんキャラになってるインデックスとか年上キャラとして登場する神裂ねーちんとか、そんなの。
フラグ立て大王っぷりをインデックス&美琴から突っ込まれたり、「姫神ちゃんのイベントは全て回収済み」とかそういうメタなお笑いネタ満載。
ていうか鈴科百合子ちゃんはマジ勘弁な。なんで挿絵がこいつだけなんだよ!

 でも一番笑ったのは理事長キャラとして登場するも「よくわからないけど今ここでお前をやっつければ世界規模で全てが丸く収まるような気がする」という理由によって当麻に殴り倒されるアレイスターと色々頑張ったけど今日はもう収集つかないと頭を抱える土御門。

●「アスラクラインのようなもの」
 戦闘妖精雪風とか段場院とか∀、つまりヒゲという意味……とかダディフェイスとか。
つーかミサイルとかショットガンを肘鉄とかパンチと称するのはムリありますよ先輩。タイ式ってタイをなんだと思ってるんだ(笑
しかしダディフェイスはいいんだろうか。こんなあからさまなパロディネタにしちゃって。
∀とか雪風はやっぱり好きなんだろーなーって思えるけど。


 他の作品のもロマサガネタとかプリキュアネタとか相当好き勝手に書いてる。
「あなたは相当悪いことをしてきましたね?」ってさてはこいつリアルタイムでやってたな?
いつもこんな調子なのか、電撃の海賊本って……

<イラク総選挙>スンニ派が発言力増す 武装活動にも影響か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051216-00000123-mai-int

<イラク総選挙>スンニ派が発言力増す 武装活動にも影響か

 【カイロ高橋宗男】15日のイラク連邦議会(定数275)選挙では、移行国民議会選(今年1月)をボイコットしたイスラム教スンニ派住民の多くが投票した。これまでシーア派が主導したイラク戦争後の政治プロセスでスンニ派が初めて一定の政治的発言力を確保することは確実だ。同派が主流だった武装勢力の活動にも影響を与えそうだ。
 ロイター通信によると、フセイン元大統領の出身地である中部サラハディン県ティクリートで投票率が80%以上になるなど、ほとんどのスンニ派住民地域で高い投票率が予想されている。西部アンバル県では1月の移行国民議会選の投票率が2%だったが、今回は同県ファルージャなどで予想を上回る住民が投票し、投票用紙が不足した。
 同派住民が多い4県の議席数は計46。スンニ派の高投票率を受けスンニ、シーア両派が混在するバグダッド県(59議席)も含め相当数の同派議員が誕生する見通しだ。
 スンニ派住民の多くが選挙に参加した背景の一つに、住民が武装抵抗闘争支持から姿勢を転換させたことがある。治安状況が改善しない中、スンニ派住民に暴力への嫌悪感が広がったためだ。こうした住民の意識変化を受け、武装勢力の一部も選挙直前、独立選挙委員会の「停戦」呼びかけに応じ、投票所を攻撃しないことを宣言した。
 これは、武装勢力の中でも、市民への攻撃も辞さない過激な勢力と、あくまでも占領への抵抗に主眼を置くグループの間にはっきりとした路線対立が生まれていることを示している。スンニ派住民の政治参加は、過激な武装集団には大きな打撃で、政治プロセスへの参加を拒否し続けるこうしたグループは今後、生き残りをかけさらに激しい武装攻撃を仕掛ける可能性がある。
 一方、移行国民議会では、シーア派とクルド人が人口比以上の議席数を確保し、圧倒的な勢力となってきた。選挙後に発足する議会が、より人口比に近い構成になりスンニ派の発言力が増すことは確実。そのため、これまで以上に各派の意見調整が難しくなる可能性が強い。
(毎日新聞) - 12月16日20時5分更新

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
これでいよいよ武装勢力は受け皿としての存在価値を失っていくことになりそうだ。
本当に「生き残りをかけ激しい武装攻撃」を仕掛けたらそれはますます大衆からの支持を失い、不満の引き受け手としての存在基盤が崩れていくことになる。
完全に駆逐されるまでには時間を要するだろうが、着実に自ら失敗への道を歩んでいるように見える。
地道に外国軍だけを相手にしていればまた違ったろうに……

世界の艦船別冊「ソ連/ロシア原潜建造史」 アンドレイ V.ポルトフ

 原潜建造史というタイトルだが、半分程度は原潜事故史として書かれている。
稼動開始後たった600時間で炸裂する蒸気パイプで動く原潜やらミサイル発射の際トリム調整に水兵(20人から)が艦内を走り回るミサイル原潜というものに国防を任せるというのはなんともいえない。

 技術的には安定していくにつれアメリカにも劣らない段階まで成熟したとのことだが、それにしてもヒューマンエラーが異様に多いのが気になる。
隠して持ち込んだチョコの箱がこげて火事を起こしたり、原子炉が停止する前にバルブを閉めるという規則違反の上に原子炉に直接冷水をかけるという判断ミスが重なって放射能を帯びた蒸気が噴出したり、トイレ用に勝手に排水パイプを設けようとして燃料と海水が混じり爆発を起こしたりドッグ入り中に原子炉の覆いを外す時一緒に制御棒まで引き上げてしまいその結果原子炉が暴走して水蒸気爆発を起こしたり……とハイマン・G・リッコーバーが見ていたら怒り狂って体中の穴という穴から血を噴出しそうな話ばかり載っている。
 ソヴィエト官僚制の弊害も大きく関係しているということらしい。
(来年度の予算のために完成していない原潜を竣工したとして引き渡すなど)
秘密主義のあまり国内の設計局間の情報交換にすら苦労したという記述もある。
 
 
「海軍は乗組員の命を軽視し、多くの犠牲の下に不完全な戦略原潜を運用して、アメリカとの戦略バランス維持に努めたのである。
その結果歴史に残ったのは、多くの英雄の名とソ連首脳部の不名誉、そしてたくさんの家族の悲しみであった」

 結局はこの1文に帰結するということなのだろう。

「アスラクライン 1・2」三雲岳人

>

アスラクライン・1

「わたしたちの田村くん」
「乃々坂春香の秘密」
3冊読んだ中で気にいったのがこれだったので購入。
hpaの中で一番俺好みな話を書いてた上に操緒のイラストがやけに印象に残ったから、というのもありますが。
関係ないけど何回読んでも黒星紅白が描いてんのかと錯覚する。

 いい意味でも悪い意味でもB級作品と言えばこういうものをさすのであろと思えるシリーズ。
ロボットものとSFものとラブコメものと学園ものとハッタリ科学宗教ものと……とかそういう要素のハイブリッドもの。
まあ俺的にいい意味でB級だったから買ったんですけど。
 機巧魔神の召喚が微妙にデモベを連想させるがデザインは某水木ボイスの霊帝様とビッグオーを足して2で割ったような感じ。
こういうのも悪いとは言わないが一枚絵で勝負するラノベのメカデザとは合わないと思う。
この種のは動いてこそナンボではないかと。
 てかロボット分は機巧魔神が担当しているはずなのに、実際には主に朱浬先輩が担当しているような気がしてならない。
腕からミサイルポッド出したり、ブースターユニットのリュックしょって空飛んだり、足からフックが出て固定した上で4連ロケットランチャーぶっぱなしたり、榴弾砲(射程7700mつーことは105mm級軽砲かな)両手で構えて砲撃したり、ウオータージェット装備して魚雷爆雷バラ撒こうとしたり。サイボーグとは素敵であるな、うん。
 美人の年上なおねーさん(ハッピートリガー体質)がことほどさようなメカアクションを見せてくれるというのはまさに男のロマンと呼ぶべきではあるまいか。
俺はこういうのが大好きだ。さー次はフルアーマー化かオーキス装備か?!とか考えてしまうくらい。すごく楽しそうにミサイルボカスカ撃ちまくる姿がたまらんわ。

 ただなんだ、2巻目でいきなり本筋から脱線したドタバタ話になるのはなんか構成として間違ってる気がするのは否めない。こういうのって4,5巻目あたりに来るものだと思う。
 
 ヒロインとしては操緒が好きです。
お互いをよく分かっている、気負いのない気楽な掛け合いが好き。
あと杏の母親に「トモくんは幼馴染の幽霊が好きだから」って言われたときのなんともいえない微妙な反応とか。

終わってしまえばオールオゲーイな話

車で大学に出かけたのですが、うっかり燃料計の針がEを振り切っているのを無視して走った結果帰り道の途中でエンコしてしまいました。
「あれーEとFってどっちが燃料いっぱいって意味だっけなー」とか適当に考えながら、♪ふりーむくなーなみだをみせーるなー♪とか聞きながら人生について想像しながら、今日のおやつ何食べるか悩みながら、果たして真実知的なものとはどういうものをさすのか?と脳裏で検討しながら、草壁さんの「ん♪」ってエロいよねと思い出しながら、ながら走っているうちにいきなりアクセルに手ごたえがなくなってプスン。俺はスロウリィ、なんということだ。
 
まあもともと原付よりも遅い車なのですが。修理に出したところ部品がないからという理由でサイドミラーの左右の形が異なっている状態で帰ってきた逸品。確か親父は10万円で買ったと言っていた様に記憶しております。
 
正面200mには出光のGSがあり、右50mにはTOYOTAの看板がSTANDUPしている交差点。
現代における自動車文明の発達というものを端的に眺めながら、ただの車輪つきアイアンインゴッドと化した車を独りでえっちらおっちら押したり引いたりするはめになったのは運動不足を解消せよという神からのお告げだったのだろうか。
それは結構余計なお世話だと言いたいし、神様でかしたとも言える。
 
結論。
黙れ豚(=2度目の3年生を送るこの大学生っぽいもの)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。