「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んばばラブソングな話

●地誌の講義。
「地域とイメージ」という話で名古屋は味噌で博多は明太子、仙台は牛タン…などとカールの地方限定仕様を例にあげながら現役のマーケティング関係者がゲストでしゃべってくれました。
「名古屋ってやっぱり味噌なんですねえ」
「まあねえ。君らにとっちゃウンザリ気味かもしれんが。
俺も大阪人なんで阪神とかタコ焼きとか言われるとまたそれかよって感じだがそういうのが期待されてもいるわけで」
とかなんとか話し合ったり。
でも「どうしてもこの種の話になると”東北ミヤギ”とか”博多どん太君”とかいうキャラクターを出したある漫画が思い出されてならない」と書いて出したのはまずかっただろうか。
レポート見てなんか笑ってたけど、あれは俺のを見て笑ったのか。
 
「ガンマ団第二の刺客、忍者トットリただ今参上!
ちなみに左手に持っちょんのは鳥取名産二十世紀梨!
もーすぐ旬ッ!!!」

「あれが世界最強の殺し屋軍団か?!」
「ちょっと自信 な い 」

●電ホのアストレイ、俺が行くいやお前を行かせられるかという口論を「じゃあ俺が改造してやるよ」の一言で解決するロウに笑った。
やはりロウはそういうポジションですか。
あと劾の台詞をパクってかっこつけてみたはいいがそれを簡単に見抜かれるイライジャもGOOD。
ところで緒方絵のロウって初めてのような。

●英米映画史はフェミニズム。
勿論そっち路線。
先週のヒッチコックは面白かったんだが。「落下シーン(ダイハード1のラストとか)の発明者はヒッチコック」とか。
「サイコ」のシャワーシーンは5回くらい見たけど何度見ても寿命が縮む気がする。

スポンサーサイト

深刻な悩みの話

ドレッドノートイータって正式には「ドレッドノートガンダム・イータ」なのか「ドレッドノートイータガンダム」なのか、どっちなんだ?

いつになくはかどる妄想話

そんなわけでACEで色々なロボットを妄想してみました。
色々といいつつすごく範囲が狭いのは平にご容赦いただきつつ。

ドレッドノート(カイ・ユニットver)
  メイン:ビームライフル
  格闘:複合防盾
  サブ:76mm近接防御機関砲
  アタッチ1:プリスティス(注-有線式ファンネル)
  アタッチ2:ドラグーン
  アビリティ:フェイズシフト装甲
  スペシャル:全火器一斉射撃(MSV-OPのあれ)
 
レッドフレーム
  メイン:ビームライフル
  格闘:ガーベラストレート
  サブ:イーゲルシュテルン
  アタッチ1:光雷球
 
パワードレッド
  メイン:ビームライフル
  格闘:ガーベラ・ストレート
  サブ:イーゲルシュテルン
  アタッチ1:“これが俺の赤い一撃”
  スペシャル:150ガーベラ
 
ブルーフレーム
  メイン:ビームライフル
  格闘:ビームサーベル
  サブ:iイーゲルシュテルン
  アタッチ1:500mm無反動砲
  アタッチ2:アーマーシュナイダー
 
ブルーフレームセカンドL
  メイン:イーゲルシュテルン
  格闘:タクティカルアームズ/ブレードモード
  サブ:アーマーシュナイダー
  アタッチ1:アーマーシュナイダーキック
  アタッチ2:タクティカルアームズ/ガトリングガンモード
  スペシャル:ローエングリンランチャー
 
ソードカラミティ
  メイン:スキュラ
  格闘:シュペルトゲペール
  アタッチ1:マイダスメッサー(ビームブーメラン)
  アタッチ2:パンツァーアイゼン(ロックアンカー)
  アビリティ:トランスフェイズ装甲

ガンバレルダガー
  メイン:ビームライフル
  格闘:ビームサーベル
  サブ:イーゲルシュテルンII
  アタッチ1:ガンバレル/レールガン
  アタッチ2:ガンバレル/ミサイル
  アビリティ:ラミネート装甲
  スペシャル:ガンバレル一斉射撃
 
クロスボーンガンダムX1改
  メイン:ザンバスター
  格闘:ビームザンバー
  サブ:バルカン砲
  アタッチ1:スクリュー・ウェッブ
  アタッチ2:ヒートダガー
  アビリティ:ABCマント
  スペシャル:ビームサンバー連続斬り
 
Ξガンダム
  メイン:ビームライフル
  格闘:ビームサーベル
  サブ:バルカン砲
  アタッチ1:ファンネルミサイル
  アタッチ2:膝部大型ミサイルランチャー
  アビリティ:ミノフスキークラフト
  スペシャル:飛行形態突撃
 
ペーネロペー
  メイン:ビームライフル
  格闘:ビームサーベル
  サブ:バルカン砲
  アタッチ1:ファンネルミサイル
  アビリティ:ミノフスキークラフト
  スペシャル:フライトフォーム変形

ブルーディスティニー1号機
  メイン:100mmマシンガン
  格闘:ビームサーベル /システム起動時のみ連続攻撃パターン変化
  サブ:バルカン砲
  アタッチ1:胸部連装ミサイルランチャー
  アタッチ2:胸部機関砲
  スペシャル:EXAMシステム起動
 
BD2号機
  メイン:ビームライフル
  格闘:ビームサーベル /システム起動時のみ連続攻撃パターン変化
  サブ:バルカン砲
  アタッチ1:胸部連装ミサイルランチャー
  アタッチ2:胸部機関砲
  スペシャル:EXAMシステム起動
 
GP-01
  メイン:ビームライフル
  格闘:ビームサーベル
  サブ:60mmバルカン砲
  アタッチ1:ジム・ライフル
 
GP-01Fb
  メイン:ビームライフル
  格闘:ビームサーベル
  サブ:60mmバルカン砲
  アタッチ1:ロングバレルビームライフル
  アタッチ2:ビームライフル/ジュッテ
 
GP-03D
  メイン:ビームライフル
  格闘:大型ビームサーベル
  サブ:メガビーム砲
  アタッチ1:マイクロミサイルポッド
  アタッチ2:フォールディングバズーカ
  アビリティ:Iフィールド
  スペシャル:一斉射撃
  
ダルジャン
  メイン:レーザードライフル
  格闘:レーザーバズソー
  サブ:シールドクロー
 
ガッシュラン
  メイン:レーザードライフル
  格闘:ノーズコーン
  サブ:パワーハンド
  アタッチ1:脚部クローアーム
  スペシャル:外付式V-MAX
 
エルダール
  メイン:レーザードライフル
  格闘:スネークドリル
  サブ:ダブルスネークドリル
  アタッチ1:スネークドリル(貫通)
  アタッチ2:スネークドリル(回転)
 
ダンコフ
  メイン:レーザードライフル
  格闘:大型ナックルショット
  サブ:機雷放出
 
アルトアイゼン
  メイン:3連マシンキャノン
  格闘:ヒートホーン
  サブ:スプリットミサイル
  アタッチ1:リボルビング・ステーク
  アタッチ2:スクエア・クレイモア
  スペシャル:「切り札」
  アビリティ:対ビームコーティング
 
ヴァイスリッター
  メイン:3連ビームキャノン
  格闘:プラズマカッター
  サブ:スプリットミサイル
  アタッチ1:オクスタン・ランチャーE
  アタッチ2:オクスタン・ランチャーE
  スペシャル:オクスタン・ランチャーW

ヒュッケバイン
  メイン:フォトン・ライフル
  格闘:プラズマソード
  サブ:ツインバルカン
  アタッチ1:リープスラッシャー
  アタッチ2:ブラックホールキャノン

ヒュッケバインMKII
  メイン:フォトン・ライフル
  格闘:ロシュセイバー
  サブ:チャクラム・シューター
  アタッチ1:ツインバルカン
  アタッチ2:Gインパクト・キャノン
  スペシャル:グラビティ・ウォール

ヒュッケバインMKⅢ
  メイン:グラビトン・ライフル
  格闘:ロシュセイバー
  サブ:ファング・スラッシャー
  アタッチ1:マルチトレースミサイル
  アタッチ2:グラビトン・ライフルBST
  スペシャル:グラビティ・テリトリー

ヴィクセン
  メイン:レーザーライフル
  格闘:ツインプラズマトーチ
  サブ:20mmマシンガン
  アタッチ1:拡散レーザー砲
  アタッチ2:グレネードランチャー
  アビリティ:防御スクリーン 
 
ナインボール
  メイン:パルスライフル
  格闘:レーザーブレード
  サブ:レーザーブレードウェーブ
  アタッチ1:グレネードランチャー
  アタッチ2:小型連装ミサイルランチャー
  アビリティ:防御スクリーン
 

あまりにどうでもいい話

トロイメントで鋏を抱えてる蒼星石眺めてるうちに
 
「Toten sie…
 Toten sie…
 Toten sie…」
 
な、焼硬鋼のランタンを吊るしている蒼を想像して微妙な気分に。

US General Says Iraqi Forces Need Ability To Sustain Operations

http://www.globalsecurity.org/military/library/news/2005/10/mil-051028-voa04.htm

By Al Pessin
Pentagon
28 October 2005


The top U.S. commander in north-central Iraq says the country's new army may be able to take over operations in some areas next year, allowing for a reduction of U.S. troop strength. But the general says there is a lot of work to do before that can happen.

Speaking from Baghdad, Major General Joseph Taluto said the Iraqi forces in his area have made great progress in the last year, advancing in their training from focusing on individual soldier skills and small unit tactics to beginning to organize operations involving thousands of troops. But General Taluto says the Iraqi forces need to develop the ability to sustain their operations through a supply chain, the ability to repair and replace weapons and equipment, a steady flow of soldiers and officers, and a variety of other logistical systems.

"When you start getting into battalion level operations and brigade level operations, there are just more moving parts, more complex in what you're talking about doing there," said Major General Joseph Taluto. "The fact is that you have to be able to sustain that readiness level and, in fact, solidify it so that it even improves. So the sustainment piece is now the next thing. We have to make that better."

General Taluto says in north-central Iraq, the new Iraqi forces are already participating in nearly all military operations, and leading many of them. But asked about predictions by more senior generals that significant numbers of U.S. troops could be withdrawn from Iraq next year, General Taluto spoke very carefully.

"Sometime next year they're going to definitely be able to be looked at very closely with regard to being able to start conducting brigade level operations on a continuous basis," he said. "And then it can be decided by the operational commanders whether they are to take over that particular portion of battle space, etcetera."

General Taluto repeated assertions by the senior officers that the exact timing of any Iraqi takeover in various areas, and a reduction of U.S. forces, will be based on several factors, including the development of the Iraqi forces, the status of the insurgency and the level of political stability in the country. On the insurgency, General Taluto acknowledged it is still strong, but he said the more the insurgents kill innocent Iraqi civilians, the more public opinion in his region turns against them.

General Taluto also reported that when his force rotates out of Iraq next month, it will turn over Saddam Hussein's former palace in his hometown, Tikrit, to the Iraqi government. The palace has been the headquarters of U.S. forces operating in the area since shortly after the fall of Baghdad in 2003. He said the national and provincial government are already discussing what to do with the palace.

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 新イラク軍の育成はまったく効果をあげていないということはないが、だからといって楽観できる状態でもない様子。
軍内部に武装勢力がかなり浸透しているという話も一時期よく聞いたが、最近はあまり見かけないのは単純に細胞を排除し終えたからと解釈していいものかどうか。
 少なくとも軍事的には簡単に撤退できそうにはない。

まだ明らかにされてない参戦作品ってなんだろな的話

アストレイ来ないかなぁ。
ドレッドノートイータとか面白そうなんだが。

イータユニット・バスターモード時
メイン:ビームサブマシンガン
格闘:アルミューレ・リュミエール・ハンディ/ランスモード
サブ:76mm近接防御機関砲
アタッチ1:大型ビーム砲
 
イータユニット・ソードモード時
メイン:ビームサブマシンガン
格闘:大型ビームソード
サブ:76mm近接防御機関砲
アタッチ1:イーゲルシュテルンII
アタッチ2:グレネードランチャー
 
とか。
他にも赤青金とか色々使ってみたいぜ。
種は一応システム的にはフリーダムとかバスターとかACEとの相性はいいと思う。

●久しぶりにACEをハードでやってみたら北辰たちにボコられた。
貴様らミサイル撃ちすぎです。
つーかなんで夜天光が自機で使えねーんだよと。ミサイルと尺杖と抜き打ち格闘しかなくてもいいから使わせれと。
V―MAXスーパーチャージする以外にはホーンオンアームとレーザードライフルしかないザカール様とかあるんだから別に武器少なくてもいいじゃんかよと。
それどころかヌーベルディザードなんて実質パワーランチャーしかありませんよと。
まあ言い出したらライネックやレプラカーン使いたかったしバッシュとかグルーンもそうだし出てないアローンも欲しかったとかキリなくなるわけですが。
しかし乗ってた時期は一番短いのになぜかギャブレー君のお決まりの乗機扱いにされているアシュラ・テンブルの謎。
バッシュとグルーンじゃんギャブ様はよー。
 
あーバロンズゥでフィン撃ちまくるのかっけーなー。威力に難があるが。
するっと避けるスカルガンナーはマジムカつくけど原作通りで何度見ても実に嬉しい。
 
●で、ACE2,
0083&マクロス参戦で泣いて喜びましたが未だにゼフィランサス&フルバーニアンしか確認されてないのが気になる。
そもそも無印ゼフィランサスとFbが分かれている時点でさすがだぜッと言うところなのですが気になる。
デンドロビウムは出るのか。83出しといてあのワガママ美女を出さなかったらマジでバンプレ&フロムはソロモンの悪夢が蘇る3秒前。
敵のほうはα・アジールがいたからノイエ・ジール出るだろう(でも、あのびよーんと自在に伸びて飛び回る有線式クローアームはさすがに再現できないかもしれない)が自機としてデンドロ使えるかどうか…
つか使ったら画面からはみ出しそうだが。ABやSPT、バッタあたりのチビメカなんて3号機から視認可能なのか?
前作でもνガンダムで北辰集と戦闘すると足首より小さい豆粒でよく見えなくて苦労したぞ。
(ちなみにνガンダム22m/フィン・ファンネル装備時30m、六連4m)
オーキスならもはや武器を使うまでもなくクローアーム開いて捕まえるだけでブチッと握り潰せそう。
とりあえずメガビーム砲の演出が太めのビームライフルとかだったら俺は許さん。
 
 それとマクロスはどうなんだろ。
プラス出してゴースト避け過ぎなんだよ!はぜひ体感したいしAVFのオーバースペックっぷりもACEなら存分に味わえるだろうから出して欲しいところ。
公式に出てるのはフォッカー先輩用の黄色いVF-1S(TVor愛おぼかの識別は俺には不可能)でまたしても輝がハブにされてるよ!ってのはさて置くとして、どこまで出すんだろう。
ACE的にはA型J型S型と分けて出す意味あるけどこれってマクロス好き以外からは前作のカラバリの嵐なブレン再びとしか映らないだろうし、ゼントラーディ系マシンやデストロイド系は使えるのかどうか。
 さらにナデシコはどうせならジンシリーズ使ってみたい。
 レイズナーは死鬼隊抹消アーンドエイジに返事しないゲイル先輩とかもう勘弁。
エルダールのスネークドリルやガッシュランの自爆V-MAX脚部クロー攻撃とか色々面白いメカアクションはあるんだから!V-MAX以外にも見所ありますから!
 前回はゲシュペンストMKII-タイプMと量産型クラウドブレイカーしかなかったオリジナル系も色々増やして欲しい。
面倒が嫌いな人とか赤の9番とか古い鉄とか凶鳥シリーズとか色々出そうと思えばネタは事欠かない。はず。

 前作は格闘モーションひとつとっても十字にフィンを振るうバロンズゥや殴って回転→大きく構えてライフル連射するザカール様、ビームサーベル両手で構えて大振りするνガンダム、大柄な機体で必殺ハイキックかますサザビー、変な形のサーベルをウネウネとキモかっこよく振りかざすバウンド・ドッグ等など色々原作へのこだわりを発揮しつつかっこよかったし今作も大いに期待。

ここから銀様はいかに復活するのだろうか的話

●TH2のアニメは今週でついに私的本命ズの1人な由真。
「自転車」ってなんかドイツ語の副題をつけたくなる風味のタイトルだなとかいうのはさて置くとして、旧友という設定のわりにゲームでは少なかった委員ちょとの会話が増量されてるのはなかなか嬉しいところ。
でもさりげなくるーこがタカ坊のとなりに座ってたのはびびった(笑
すでにるーこ係の張り紙もあったり。まあ結構でかでかと出てたので伏線とも呼べない代物ですが。
 
 話の筋は変わってるんだがいいのか悪いのかはよくわからん。元のゲームからして由真の感情の推移はかなり分かりづらかったしアニメでも明快ではない。
眼鏡なかったし「普段はあんなに大騒ぎしませんよ」もなかったわけだがその件は怒るよりもやっぱり分かりづらかったんだろうかという気持ちのが先に立つ。
ぶっちゃけあの長いシナリオを30分で纏めるのは不可能だろと思ってたがやっぱり消化不良になったな。
タカ坊との関係はゲーム中盤までしか行ってないがダニエル絡みだけとっととこなしたという感じだが、デレ分が足りなくてツンばっか強調されてるような印象を受けたのはそのせいか?
8話までで全員出揃うようだが残り5話をどう使うのか、ここの消化不良はどうなるのか。
(できればうち1話は草壁さんにまわして欲しい)
 
ワックス頭から被って新しく体操着買ってもらい、妙におとなしくなるくだりがカットされたのはかなり惜しかったが、尺の都合上削られるのはやむなしか。あそこは可愛かったな。絵的にもエロかったし。
でも自転車で激突して空中をかっ飛んでいくシーンとおしりに話しかけるタカ坊くらいはやってくれても良かったんじゃないか?
微妙に変えつつも水ぶちまけるシーン再現でスタイルの良さを主張してたのは万々歳するが。
 
……しかし8話までは雑誌で情報出たけど、草壁さんいないなぁ。やっぱりこのままハブなのでしょうか?
 
●ローゼンメイデントロイメント、アニメイトの配信で見ましたよ。
OPはハイテンポな退廃チックがいい感じ(前作のOPといい、冷静に考えると退廃性ってローゼンにはミスマッチなんだがなんとなく雰囲気は合っている)なんだが何はなくともJUMの顔に吹いた。
やけにかっこいいというか大人びて見えるというかまあとにかく不自然きわまりない。なんですかこの顔は。真紅にはああ見えてるんだよというアッピールですか。
カナとペアにされてるヒナが意外とサマになってるなとか妙に翠蒼姉妹がきつく抱き合っててなんだと思ってたら「これから蒼星石には過酷な運命が」なる不吉なCVコメントがあって嫌な予感(アニメはこのまま2人でいさせてあげてください)がしたりと曲だけでも忙しい。。
で、本編だが

 ・翠星石もっとデレろよやー!←ここ超重要
 ・翠星石はあいかわらず邪悪ですね
 ・ワニはトラウマ化ですか翠星石
 ・ジュンとはあんまり話さなかったな翠星石
 ・呆れ顔の蒼星石がいいなあ
 ・ヒナももっとジュンに対する懐きっぷりを発揮しろよやー
 ・邪悪な企みは作画といい演技といいすばらしいがもっとジュンと絡め、そしてデレろ翠星石
 
おもな感想としてはこんなところ。
2話以降はさらに2週間待たないと見られないのが非常に惜しい。

もしスパロボに出たらソードインパとか黄色グフをフル改造してバシバシ使うよ的話

まあスズケンのトラウマをほじくるだけだろうからそっとしておいてあげようよと思わないでもないのですが。
いやでもスパロボで鬱憤晴らしのひとつでも…うーむ。

ドリームキャストだとさすがにネットするのがつらくなってきたのでTH2の18禁版をやるべく、ついに俺もパソコンを買いました。
これで本館を更新しようと思ったら大学に行くしかないとかいう状態から開放されたぜイヤッフー!
 
●物置きに「パンプキン・シザーズ」メモ追加。
…陸情1課第3分隊と陸情2課ってまだ未登場でいいよね?
 
●ハヤテのごとく、
「さすがはフリーダムの名を持つもの、やりたいほうだいだな」
「(暗い顔で)お嬢様、そこから先は……僕は次回作に期待してますよ」
なかなか危険な台詞。まあ久米田と比べたらはるかに穏当だけど。
 
●種デスの小説4巻についてたスズケンの長文コメントがせつない。
いや別にあんさんは何も悪くありませんから。本当にそこまで及び腰にならんでもええですから。そんなに気に病む必要ありませんから。
しかし「別にキラだけが悪いんじゃなくて、ハイネ殺しにはステラって娘だってかかわってんじゃん」なんてモノローグ入れられたら、あのハイネの間抜けというか妙に不自然な交通事故死はやはりキラの罪にしたくなかったからか?という邪推を強めてしまう。
つーか心情描写入れたらますますアスランが救いがたくなってるよ。レイのが正論だよ。
 
●連合戦隊ダガレンジャーなる、デカレンOPをバックに種世界での量産機の活躍を描いたMADムービーを入手する機会があったので何度か見返しております。
SEED-MSVのOPからひっぱってきてる105ダガーとバスターダガーはともかく、それ以外のストライクダガー、ダガーL、ウィンダムがいと哀れ。
ほとんどやられてるところしか映ってねえ(笑

日本の核軍縮決議採択 賛成は過去最多

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051027-00000054-kyodo-int

【ニューヨーク26日共同】
国連総会第一委員会(軍縮)は26日、日本が12日に提出した核軍縮決議案「核兵器の全面的廃絶に向けた新たな決意」を賛成166、反対2、棄権7で採択した。日本は1994年以来、毎年核軍縮決議案を提出、採択されているが、美根慶樹軍縮大使によると、今回は過去最多の支持票を得た。
 今年は広島、長崎の被爆60年の節目であることから、日本政府は決議案の内容を5年ぶりに大幅に見直し、これまで棄権票を投じていた多くの国から賛成票を取り付けることに成功した。決議に拘束力はないが、核軍縮に消極的な米国などへの政治的メッセージとなった。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

別に決議自体にどうこう言う気はないが、「拘束力はないが」米国への政治的メッセージなどと喜んで報道する暇があるならCTBTの惨憺たる状況のほうを報道していただきたい。
 残り11カ国の批准及び署名が必要なままで停滞した状態がずっと続いており、その内訳は米国・中国・イスラエル・イランなど署名は済ませたが未批准の国が残り8カ国、印パおよび北朝鮮に至っては署名も未了という有様で採択から10年経ったが発効の見通しがまったく立っていない。
 
CTBT署名・批准状況(外務省サイトより)
 
 ちなみにもう一つの国際軍縮条約であるオタワ条約は99年に発効済みで、65カ国において3730万個の地雷を処理済み。
90年代初頭では年に2万6000人ペースだった地雷による犠牲者は最近になり1万5000~2万人ペースに減少している。
(ただし1億1千万個を保有する中国、5000万個のロシア、1千万個の米国という三大大国が未だ未加盟のまま)

νガンダムは伊達じゃない的話

●用事でホームセンターに寄ってきたのですが、もうクリスマスツリーとか売ってやんの。今年もそんな季節か。
せっかくだから俺も鈴をふたつほど買ってきました。
いわゆるひとつの、ロンド・ベルなら鈴を鳴らしてりゃいいんだよって奴です。
100円×2なわりにいい音がする。
 
●本日のオサレトークショー。
「具体的な話を一般論に置き換えて話す」ことを「知として当然のこと」と言ったその口で衆院選の結果を「洗脳選挙」だの「大衆というのは付和雷同し易い、大学出るからにはそうなるな」と評する光景はニヤニヤ笑いを止めさせてくれません。
毎回小レポート見て「話は分かり易く、明確に書け」としつこく説教垂れているのを聞けば尚更。
 
●MGνガンダム買いました。
帰ってフタ開けたら普段は5つ折りくらいの組み立て説明書が10pとかあるし、ランナー数はHGと段違いだしで改めてMGの凄さを実感。
つーかそれ以前に持って帰るのが一苦労でしたが。
腹にヒモで縛りつけて抱えて原付運転するとかありえねぇ。
知り合いに見られたら世を儚んでヒッキーになれそうな、そんな格好。
νでこれじゃもしサザビーとかEx-s買ったらどうやって持って帰れというんですかバンダイ様。

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」 富野由悠季

クロスボーンと並んでGジェネFで一気に知名度が上がり、凄まじく黒い展開かますことで知られる作品。
 
●Ξガンダム&ペーネロペーの原作版、やっぱりこれは小説の1枚絵の中でこその絵だよなー。
つかGFFのカトキアレンジより前、GジェネFの時点ですでに(元のデザイナーの手で)変わってんだな。
 
●「ギギ・アンダルシアという少女を、ケネスが好感できるのは、ギギの存在の重さの部分で、情緒的な性質のものではない。理性で受けとめられながらも、直感的であって生理的なものではない、ということだ」
これを電撃なり富士見なりスニーカーなりの応募でよこしたら確実に一次選考で真っ先に落とされるだろうというくらいまったく日本語になってないんだが、なんとなく言わんとすることが漠然と分かるような分からんような気分にならんこともない。
つまり端的に表現するならば実にオーガニック的というやつである。
…富野を表現する時に便利でいいな、これ。話としても好きだがこの形容を発明してくれたという意味においてもブレンパワードは素晴らしいと言えよう。
   
●街の人々の「どうしてマフテイーはハンターをやらないんだ」「今朝の空襲だってキンバレー隊のほうが酷かったんだぜ?」という声に安心するが、連邦の軍人たちに会えば「所詮奴らはテロリストだ」「無関係の人間を300人以上も殺している」という厳しい現実を突き付けられてそのジレンマの重さ(これはこの作品全体を通して続く)に悩まされ、ギギに会ったばかりにケリアに冷たく当たって「こんな欲望から抜け出さないと俺は救われないぞ」と酷く自分を嫌悪し…とひたすら陰々鬱々としてる。
 キンバレー隊の虐殺を前に一瞬自分のやっていることの正当性の是非を忘れたり、「死臭をかいだあとにケリアのことで思い悩む」自分に唾棄したい気分になったりとハサの心情がやたらと生々しい。
鬱鬱言われる作品であり実際まったく鬱だが、この鬱さは浅井ラボや秋山瑞人のような「派手でエキセントリックな鋭い毒針」的鬱さではなく、「静かだが暗く重く淀んだ毒霧」的鬱さという感じだろうか。
最後の処刑ですら、「みんなうまくやれたんだ、僕だってちゃんとできるはずだ」と"悲しいくらいさわやかに"執行されていくあたりがその具体例だろうか。
 
●ちょっと書くのがはばかられるギギの暴言すげえ。

●最期を迎えても両親より先立つ不幸やアデレード爆撃で巻き込んだ民間人のこと、ケリアに会えなかったなetcと考えなければいなければならないことはほとんどすべてしっかり覚えているような男がなんでテロ屋なんぞになってしまったんだろう。
この「自分のやっていることは本当に正当性があるのか?」という苦悩は同じテロリストのガトーやキラにはというか、ガンダム世界の反権力派には見られない自覚(特にガトーは自分たちのコロニー落としで何人の民間人が巻き添えを食って死ぬのか?などということはまったく念頭に無かった)であり、それに思い悩むハサの姿が俺は好きなのだが。
 
●連邦のガチの腐敗ぶりはなんともはや。
テロ予告を受けておきながら陽動ひとつ受けただけで完徹するも嫌がる軍隊って。
実質最高責任者のケネスですらも心底うんざりさせられるのも本当にわかる。
 
●ケネスの最後の心情描写はあまりにも無惨。
友人を処刑するはめになって「実父のブライトにやらせるよりマシか…」と自分に言い聞かせつつ、遅れてやってきたブライトを前に本当に必死になって平穏を装い、ギギを鬼の形相で追い返してハサ処刑を穏便に済ませたと思ったら、うっかり自分が口を滑らせたばかりにマフティー=ハサを公表される。
もはや言葉を失い、深く深く沈んだ表情を浮かべるケネスの姿は……
 
●そして処刑シーンの短いハサとケネスのやりとりが泣ける。
俺の中では「鬱展開」「泣ける話」といえば閃ハサが文句なしの1位です。

「健康帝国ナチス」 ロバート・N・プロクター/宮崎尊

ナチス政権下におけるドイツの厚生政策について述べた本。
 
「国民の健康に関するナチスの業績に焦点を当てた本書の目的は、「善は悪からも生じうる」といったような陳腐な結論をでっち上げることではないし、ナチス・ドイツの名誉を復権させることでもない。すでに充分に立証されているナチスの残虐行為から目をそらそうとしているのでもないし、ジェームズ・ワトスンが(西ドイツのバイオテクノロジー研究を軌道に乗せるために)主張したように、「ヒトラーは過去のものとする」ことが目的でもない。
 本書の目的は、ドイツの科学と医学のナチ化は、一般に思われているほど単純なものではないと示すことである。ナチス・ドイツの科学史は強制断種の歴史であると同時に薬草両方の歴史であり、大量虐殺による「淘汰」の歴史であると同時に公共の場所での禁煙の歴史でもある。メンゲレの犯罪は忘れられないが、と同時にダッハウの囚人に有機農法のハチミツを作らせていたことや親衛隊がヨーロッパのミネラルウォーターを買い占めていたことも忘れてはならないと思う。
残虐と凡庸と、この両方がカギである」
 
 これは本書の最後の章の全文引用でであるが、筆者の主張はこれにすべてが集約されていると言っていい。
「実はナチも悪いことばかりではない」でも「実はナチはやっぱり大悪党」でもなく、まさに「両方がカギ」なのである。
 
 ナチスと健康という単語を結びつけるのはダッハウ・ビルケナウという固有名詞や「死の天使」と呼ばれた男を知っている人間にとってはあまり容易ではないかもしれないが、「金髪碧眼の完全なるアーリア人」による「千年王国」建設がナチズムの目指した到達点であることを考えれば両者がイコールによって結合するのもおわかりいただけるのではないかと思う。
 
 従って「完全なるアーリア人」を追い求めるがゆえにナチスは禁煙に熱心であり、ガン対策に力が注がれ、食生活における着色料の使用を制限するといったエコ政策を推進することになる。
1920年代の終わりにはウラニウム採掘労働者は肺ガンの労災補償を受けており39年には因果関係が断定されたのに対し、アメリカで放射線被曝者補償条例が可決されたのは1991年。
この2005年、日本では石綿(アスペスト)問題が持ち上がっているがそこから遡ること62年、1943年にはナチス政府はアスペストに起因する中皮腫と肺ガンを労災と認定して補償対象としている。
また喫煙と肺ガンの因果関係を最初に証明したのもナチ政権下で「非アーリア人は雇用しない」と定められていた研究所(1941年のホルスト・ヴェストナーによる論文や1943年のエーバーハルト・シャイラー/エーリヒ・シューニガー論文など)。
 
 これで終わればそれこそ「ナチズムも悪いばかりではない」で済むのだが、しかしことはナチズムである。
果たしてこの健康志向は、軍需の急増と高い生産性を持つ労働者が求められる内外情勢もあって
 
病気を排除しよう

工場から病人を排除しよう

病院から病人を排除しよう

病人をこの世から排除しよう
 
という非人道的な(もっとも、個人的には"いかにもナチズム的な"といった方が正確なのではないかと考えるが)恐るべき論理的発展を遂げる。
アウシュヴィッツのI・G・ファルゲン工場の例をみると、入院者は全労働者の5%と定められておりこれを越えると医師による選別の後にビルケナウを潜らされ、ある熱烈な反タバコ派学者は同時に地域の病院をまわっては精神障害患者を殺すよう医師に強く勧める"安楽死"推進者の先鋒であり、また高質の労働者を求める姿勢の裏返しとしての「無用のごくつぶし駆除」のため、「望ましからざる人種の繁殖防止」にX線を使うのはどうかという案が提出されることもあった。
 
 上記の引用文中にもあるが、あのダッハウ強制収容所は世界有数のハーブやスパイスの栽培所も兼ねていたという一見不可解で、まことに奇怪なねじれとでも呼ぶべき事実が「ナチズムの厚生政策」をもっとも端的に表しているものではないだろうか。

HG1/144 ガンダムアストレイ・ブルーフレーム

バンダイ必殺のカラーバリエーションキット。
レッドフレームの成形色変更プラモですな。
オプションはライフルサーベルシールド+キャットゥス無反動砲(要するにバズーカ)。
そして衝撃の、アーマーシュナイダー(=ナイフ)がないという憤慨モノの仕様。
専用ジンにまでついてたりコクピットに差し込んだりと、ソードインパで言うエクスカリバー的位置にある大活躍な武器だったのに…
 
●サイドスカートアーマーの穴(ガーベラ・ストレートの鞘装備用)くらい埋めてくれよ。 
 
●基本的にカラバリなのでよく動くとかそこらへんはレッドフレームと同じ。
 
●しょうがないのでライネック用オーラダガーになんちゃってアーマーシュナイダー役を依頼。
意外とサイズ合ってるのでわりとサマになる。
 
●右手でアーマーシュナイダー(なんちゃって)を地面に突き立て、左腕は延ばしてビームライフル構え、片膝を地面につけてるというややっこしいポーズで飾ってあります。
こんな複雑なポージングが可能なのもRFと同じで素晴らしい。
 
●そして塗り分けめんどいのもRFと同じ。
 
●これでどうしてゴールドフレーム出ないかねぇ……
ハイザックを連邦カラーとティターンズカラー出すくらいだから、おまけで成形色を金にして出すくらいのことはしてくれたっていいじゃんかよ。
そうしたらHGブリッツの腕移植して黒に塗り変えで未完成天を再現とかやれたのに。
 
●しかしRFといい、ガンダムのくせにビームサーベルが似合わないことこの上ない初代アストレイ。
2代目・3代目は普通にサーベル使うけど、初代の赤青からは揃って「エネルギー食い」と嫌われてあんまり使ってもらえなかったせいで装備させる気になれない。
 
あー天/天ミナキットになんねーかなぁ……

「ニニンがシノブ伝 ドラマCD其の一」

音速丸「アニメ化にあたってリスナーからエロ同人誌が届いております。
内容分布は忍法で忍にチンコ生えるパターンが7割、落ちこぼれ忍ちゃんのドキドキ補修授業が2割、残り1割は雅の式神が暴走しちゃう」
忍&楓「スト~~~ップ!」
 
 とかそんな感じのとてつもない台詞の嵐で時たま越えたらまずいメタな領域に踏み込んだりしてる勢いですが、やはり最大の見所は「突撃、古賀先生の仕事場」。
小杉十朗太声で喋る原作者でまず脳天直撃。
 
忍「ハンサム声っ?!」
古賀「はっはっはっ、原作者特権で声は小杉十朗太に担当させてやったよ」
 
 そして忍を小杉声で口説く原作者に音速丸乱入。
 
音速丸「ア~ニ~メ~化ぁ~が決まったからって、VガンダムのDVDボックスをカードで、買うんじゃねぇ~!」
音速丸「ア~ニ~メ~化ぁ~が決まったからって、エロ同人ショップに行くのをたぁ~~~めらうんじゃねぇ!」

(注:全てピー音なし)
 さらにそこへ「緑色で金属っぽい新キャラ」が乱入。
 
(中田譲治声で)「アァニメ化が決まったからって、アシスタントに牛角ゴチってんじゃねぇー!」
 
 正体はまあわかると思いますが、「ゲノム」のパクマンさん。中田声で「フハハハハ、パクマンさん参上ッ!」と自己紹介してくれます。もうこの時点でなんだか凄い一線を越えちゃった感はあるものの話は続きます。
そして第一次スーパー古賀大戦勃発。
 
パクマン「そぉんな腐れ大福のために漫画を描いていただと……?」
音速丸「うるせぇ!アニメ化もしてねぇマイナーキャラが」
パクマン「グッ?!確かに、ゲノムは未だアニメ化に至っちゃあいない。
だァが小僧ッ!実力で勝ったと思うなよ?ハードなエロネタを直球で投げられる雑誌に載ってる分、俺の方がギャグの切れ味も鋭いという分析もある。フッフッフッ……そうだろう、古賀よぉ?」
パクマン「お前の生まれはエロ世界ッ!一般誌とか、アニメ化とか、明るい道歩ませてたーまーるーかーよー」
 
 確かに強力わかもと音速丸に対抗しようと思ったら中田譲二連れてくるのもわかるが、こんな台詞を喋らせるのはいくらなんでも凄すぎる(笑
 
 つーか原作者特権で小杉声とか中田声パクマンもキャスティングした人間の正気を疑いたくなるくらい腹をよじ切られる勢いだが、
 所長:三石琴乃
 フルーティア:生天目仁美
 チロル:能登麻美子
この人たちみんな台詞は一言二言しかねーのになんだこの極度に無駄な豪華キャスト。
本当に誰ですかこんな無謀の局地に達してる配役案に決定を下したバカは!
 
 あとキャストインタビューはマジとメタネタの境界線が微妙でとてもヤバい感じ(笑
 とりあえずゲノム&シノブ伝の読者なら一度は聞けッ!
 

●初回特典
声優交換ネタ話。
忍と声を入れ換えて、水樹奈々声でエロ台詞言っちゃうぞーと企む自称「現役テンバイヤー」な音速丸さんが色々と危ない。
関智、お前それ絶対素でやってるだろコラ。

「パンプキン・シザーズ」 岩永亮太郎

時々名前を目にするので気になって購入。
試しに1巻→残り一気に揃えというコンボ発動ですよええ。

●ヘルシング+鋼の錬金術師な絵柄でボトムズな主人公という既読感の嵐に襲われるモノを使い、理想主義者(夢想趣味者ではなく、理想主義者)のお嬢様なヒロインを助けて&助けられて戦災復興に励むストーリーという一風変わったものを描く漫画。

●オーランドの悪夢とか「蒼い鬼火がやってくる」とか明らかにボトムズがモチーフだよな。あと戦闘シーンの大仰なコマや書き文字はヘルシング、会話シーンで男性キャラがアップになる時(特に目もとがアップになるコマ)の描き方はハガレンだろう。

●あとネーミングセンスや「超人だけどダメ人間」なキャラの立て方を見ると、なんとなく榊一郎の影響も感じる。

●オーランドって大まかに言うと外見エイジ(2部ver)で中身はキリコだなぁ。
 
●時代考証の類は自ら真っ先に逃げを打つだけあってかなり荒い。
中隊単位の編成?も気になるが、火炎放射機は非人道的だから禁止なのでドリルでトーチカ破砕って凄すぎる世界感だ(笑
 ただ無理にリアルなフリをしようとしたりはしないのでそのへんの荒さを荒いと感じさせない。
これで専門用語を乱打し、モツとかバンバン溢れてるグロ強調なコア系戦闘描写スタイルにしてたら単に杜撰さが目立つばっかりだったろう。あくまで通常のマンガチックにしたのは大正解だと思う。

●アリスの大剣はなんだかソードインパルスの対艦刀を思い出す。あの"エクスカリバー"は刃と峰の向きが互い違いになって連結するタイプだから厳密には異なるし、別にパクリとか言いたいわけじゃねーけど。

●悪くいえば「既存品を組み合わせただけ」なのになんだか新鮮な感じがするのは不思議というか凄い。

●あまりのデカさにしびん割っちゃって再入院するはめになったのはすっげー笑った。他が硝煙と血臭と永田町臭でプンプンしてるだけに、下ネタギャグがこんなに微笑ましく写るケースはなかなかお目にかかれません。 

●演技の陵辱(未遂)で悪党のフリをして、ヤク中のダメ親父どもを立ち直らせる踏み台役を自ら務めに行ったマーチスとオレルドが超カッコ良い。

●「次期当主の座をあと数年で失うと解っているのに情熱的なのはどうしてか」と聞かれて「そのうち無くなるというなら命だって同じ」と切り返したアリスをベタ誉めするレオニールの心境はものすごくよく分かるね、うん。
(こいつ悪役側くさいけど・笑)
いやはやなんとも個性的でかつ至言ですよ少尉。
 
●908の隊員がアゴとか色々落とすシーンやパーティに乱入した農民が「死んだ息子は小麦の袋より軽かった」と涙を流すシーン見ると、この人は間接表現もきちんと使えるんだなと感心。ヘルシングフォロワーはとにかく描写がクドくなりがちだからなあ。

●「それがこの図体の使い道だ」
ついに覚醒し、暴走馬の前で足掴んで離さないオーランド。まさに「命を無視された兵隊」。
 
●エリス姉さんのドレスを破っておいてあんなにデレデレしてるアリスの姿の凛々しいことといったらない。

3次αでは待望のBGM化されるも音質がアレだった的話

●ブッコフで偶然「流血の夏」を発見、即刻回収。
誰ですか売り飛ばした奴は。出てこいお礼を言いながら殴り飛ばしてやるから!
 
しかし本命の瀬戸の花嫁やパンプキン・シザーズは見つからなかったなあ。 
前者のCDドラマ(とてつもないキャスティングだった)だけは見つかったけど。
 
●恥ずかしながら今更ようやくではありますが、「Information High」を手に入れました。
歌詞カード見て初めて気がついたが、これすっげー単純な歌詞を繰り返してるだけなんだな。
そのくせ何度聞いても飽きないイカス曲だが。もっと早くに探せば良かった。
サントラだと思ってたのにシングルCD1枚(値段にして)で済んだとは。
 
●急激に寒くなって困る。
シチューが旨くなるので助かるけど。
 
●ちなみにパンプキンですが、結局のところ試しにThe Cream P・U・Fと一緒に一巻だけ購入→読んでそのまま本屋に出動、既刊全部揃えるコンボ発動。

そういえばさりげなくでかかったよな的話

●TH2のアニメを見て途中でなんとなくポケ戦に切り替えたわけですがなんだが観艦式強襲した悪夢の人な気分を味わう羽目に。つまり帰ってきたってわけだ。
どうしてもこっちのほうが馴染むというかなんというか。
 
●で、TH2アニメは来週由真ですが次回予告の時点でなんだかいやな予感。
あれ、こんな声色だっけか……?
 
●TECH-GIAN買いました。ええ買いました。
草壁さんの水着姿が目当てですよ、ええ。こういう時目立っておかんと忘れられそうだからありがたいというか「特にシナリオ加筆はありません」発言でどぅぶれぁな気分になっちまったがこの際それは置く。
 あの草壁さんの水着について語り出すと黒の長髪が和風的で綺麗だよなとかまろやかな曲線美が素晴らし美だとかさりげにスタイルいいのが改めて実感できるよなとか白の水着+花の髪飾りがなんともいえずエッチなんだか清楚なんだかよくわからん感じでたまらんとか裏の困り顔で「非道いです」があんまりにも可愛らしすぎるんですよどうしてくれますかとかタカ坊と南の島にでも出かけたのか、これ?きっとこの視線の先には奴がいるんだろうなおんどりゃあとか色々長くなるのでやめときます。

 強いて一言で述べると俺の煩悩がV-MAXIMUM。
獣に野性を縛る理性はいらねえんですよ。偉い人にはそれがわからんのです、と矢尾一樹も仰ってます。
…そういや「愛の心にて、悪しき空間を断つ!」って本当は亮の台詞だったんだな。知らなかった。
 
●ガンダムのOPEDで一番好きなのは?って聞かれてイグナイテッドとBeyond the timeって答えたら微妙な顔をされた。
いや曲はかっこいいと思うんだイグナイテッド。内容とのマッチングも結構考えられてるし。
あーでもMen of distenyも好きだなOPだと。スパロボαで採用された時は小踊りして喜んだよマジで。バニング大尉出てきてくれたし。
 
ところでzipsはOPってことでいいのか、この場合。

「愛と哀しみのエスパーマン」 秋田禎信

●実にあまりにあんまり、ろけんろぅる溢れる作品。
 
●ポジティブになると力が出ないので必死に自分を罵ってやる気を蓄える主人公は一体なんなんだよとしか(笑
なんか新たな自分を見いだしたりしてるし。
 
●「自衛隊って攻撃ヘリ持ってませんでしたっけ」
 「そんなこと一般常識だと思っとるとろくな大人になれんぞ」
……ブルァァァァァ!!!
(訳:痛いところにかいしんのいちげきをうけた!)
 
●「緊張するとあらぬことを口走る」
このカテゴリーで豚とか喋り出すヒロインは初めて見た。
丸1p、罵倒語を延々と綴るのは凄すぎる。 
 
●「戦争というのは極限状態だからな。せっぱ詰まってわけの分からないものが次々と投入される。
番組終盤はエスカレートして用途不明の新兵器が登場するわけだ」
 「現実かフィクションどっちのこと言ってるのか、せめてそれくらいは分けてください」
 「ネヴィル・シュートの終末兵器パンジャンドラム、ひたすら川で回転する愛らしき最強鋼鉄砲艦ノヴゴロド、そしてパイロットの誰もが幸運な即死を願うという夢の実用ロケットMe163……いずれも人型戦闘兵器などに負けぬ狂気とイマジネーション。
いけるぞー、この力があれば人類はどこまでもいける。まあ負けるだろうが突き進める」
 
 「そんなことはない。15才だ。免許証を見せよう」とか本作はとにかく笑いまくったが、この台詞は一番笑った。笑いころげた。
いやはやこいつらときたら確かに凄い狂気とイマジネーション。
 
●大ちゃんはなんなんでしょうか。
マッドサイエンティストキャラ…ということでいいのかあれ?
微妙にサイエンティストと呼んでいいのか疑問がないでもないのだが。

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争

●スパロボとGジェネFだけで済ませてきたが、改めてきちんと目を通しました。
 そしてこうやって見るまでは所詮反戦アニメとか馬鹿にしていたことをここに公言し謝罪する。
まあ日本人的戦争観バリバリってのはあるが、それでもバーニィに「連邦を恨むな。彼らも俺と同じように自分のすべきことをしているだけだ」と言わせたりしてるんだな。
  
●全部どうなってるか知ってる上で見るのも意外とおつなものです。
バーニィの無事を必死に祈るアルのシーンだけで泣けてくる。
 
●アルが学校の屋上でザクII改を目撃するシーンや、90mmガトリングガン食らってさらなる軽量化を施されるケンプファーのコクピット描写、最後のアレックスvsザクの相打ちといい「静」の演出が印象に残る。
ダッシュ逆噴射バレルロールでド派手に撃ち合い殴り合いなアクションする83とちょうど対照的。
 
●でも1話のハイゴッグ大暴れも大好きです。
ウネウネ手が動いたり地面を這っていったりミサイルほうり投げるように撃ったり、地味だが色々面白アクションしててイカス。
あれでどうしてケンプファーがMG化されてハイゴッグがHGUCどまりなのかと。
半壊して地面に押し倒されてるジムがシャトル打ち上げの瞬間腕だけでガッツポーズするとか細かい演出もいい。
 
●ガトリングガンを撃つべくアップになったアレックスのカット、逆シャアと同じ描き方だ。これぞまごうことなき出淵メカ。

●アンディといいミーシャといい、コクピットにあんな大口径弾食らったらあの程度の穴が開くだけで済むとも思えん。
まああのシーンの場合は実弾で撃たれてるだけに「コクピットこっぱみじん」より「ちょこんと引き出されて置かれたシートが血まみれ穴だらけ」のほうが演出として印象的なのは疑いないから異議はないけど。
(ビームサーベルとヒートホークで鍔迫り合いはさすがにそろそろやめようぜと思わないでもなかったけど・笑
 
●逆にビームサーベルだったせいか、シートも残らず「ミンチよりひでえ」ことになったザクII改。
きれいに死んでしまったのが逆に悲しい。
 
●「このコロニーが気に入っているのでな」
 「もし運良く生き延びて戦争が終わったら、必ずこのコロニーに帰ってくる。約束だ」
 
特別長くもない、普通の台詞でも作り方ひとつでちゃんと感動させることは出来るんだなあと型月的欝長文ブーム絶好調の中その流れに乗り損ねたロートル頭で考えた。
 
●ふと思い出してDVDのCMをもう一度見てみる。
 
「このごろ僕は思い出す。
初めてザクを見た日のこと、止められなかった戦いのこと。
 
 
"機動戦士ガンダム 0080"
 
……バーニィ、忘れないよ」
 
このCM見たのは6年前、その時ですら印象に残るCMだったが改めて感想を言う。
俺が見てきたCMの中でもっとも良いCM。
たったこれだけの台詞なのにどうしてこんなに涙腺が緩むんだろうな……

ゲイル先輩返事をしてください的話

●祝・ローゼンメイデン・トロイメント放送開始。
 
……ゆーても名古屋組は二週だか遅れですが。まあ放送してくれるんだからあり
がたいと思えという奴だな。
三等兵さんところを見てたら超サイヤ人3な勢いでどんどん高まっていくリビドーに吹いた。 
これでトロイメントが前作なみのクオリティを保っていったら放送終わるころには倒れてそうな勢いだ。
今後のこのサイト様の動向はチェックしておきたい。同じ翠星石好きとして 
 
●ところでコトブキヤのヒュッケバインMKIIIって発売まだか?
 
●久しぶりにACEをやってみたがズワァースのオーラバルカン、そこ設定だとオーラショットが出るところだぞ。
OPムービーのνガンvsサザビーはよく見るとビームサーベルオートパワーオン機構再現してるし、SPTのレーザードライフルのギザギザ再現してくれたりZとνでビームライフルのSEが違ったり(それぞれ原作準拠音)、ブレンのバイタルジャンプは音も絵も原作通りで、エステカスタムはゲーム上実質意味ないのに地上をローラーダッシュできるこのゲームらしからぬミス。
つかオーラ斬りの時発光エフェクトが青なのはなんか違うだろうと。
ライネックとかレプラカーンも使いてえよと。ダンバインはなんとなく扱い微妙ですよと。
でもシーラ様喋りまくるからオールオッケー。グラン・ガランをバスターランチャーで誤射しちゃってごめんなさいシーラ様。
速攻で沈んだよグラン・ガラン。
 
 レイズナー?
俺的にはくるくる回転しながら寄ってくるスカルガンナー再現してくれただけで感動の嵐。
このACEってゲーム、なーんて凄いんでしょ!
 でもレッドパワー使いたかったしもっさりと飛んでいくカーフミサイル違和感ありすぎだし死鬼隊いないのは寂しい。ゲイル先輩に独り言をまくしたててるエイジなんて哀れを感じる。
(結局文句があるのかないのか)
 
……そういやダンバインもハイパーレプラカーンでっけー!を体感させてくれる分まだマシなのか?
扱い云々で言えばさりげなくジョナサン殺されてる上に大ボスのママンが出てないブレンパワードあるしなあ。
あまりにきれいに抹消されてるので忘れそうになるが、よく考えると依々子姉さんもいねーし。
まあゲーム的にはいてもカラバリが無駄に増えるだけだしACEじゃブラコンっぷりアピールしてもしょうがないんだが、やっぱりいてほしかったよ姉さん。
 でも一番笑ったのはなぜか地球圏に普通に存在するサート・スター(&バラータ・スター)とスヴェート。
フロム必殺の説明しないもん勝ちだぜ。
もしかして死んだのはポセイダルだけでミアンとフル・フラットは普通に生きてんじゃないのか、あれ。
フル・フラットなんてさりげなくインターミッションでも出てたしなあ。
本当ならオージが沈んだ時点でバイオリレーション切れ→死亡ってことになるはずなんだが、事件後の回想談で喋ってるってことは生きてるってことだよな?
つーかエルガイムはギャブレー君おいしいとこ総取りだし。なんですかミアンの身柄はもう確保した!って。手際いいなギャブ様。しかもアンナと並んで喋りまくりだし。
他の作品のキャラにも喋らせれ。
 
 このゲーム、キャラ的にはブライトさんとトーレスとノインが喋りまくってて
後はギャブレー君とアンナ、みたいな印象。

1/72HGAB トッドライネック

トッド・ギネスがいい夢を見させてもらったことで有名なオーラバトラーのキットであります。
まあ、あれがいい夢であってたまるかよってな奴ですが。ハイパー化だもんなあ。

●プロポーションは良好。自立できないのは俺のやり方が悪いからだろうしな。
 
●しかし可働範囲が狭いのはいただけない。まあ特に派手なポーズつけなくてもかっこいいからいいけど。
 
●間接部分にゴムカバーで生物感を出すというアイデアはお見事。
最初は足のポールジョイント丸見えで何事かと思ったわ。
 
●オーラソードが本体に比べて短いのはちとマイナス。
 
●そろそろMS以外のプラモを、と思って作ったわけだがルーチン化されているMSの組み方と全然要領が違う(当たり前だが)ので結構てこずった。
ズワァースはもっと骨折りそうだ。
 
●羽がクリアパーツ+ポールジョイントで自由可働なのもイイねうん。
 
●ミサイルポッドのシールくらいはつけてくれ。塗り分けとか無理だろあれ。
 
●つーかバンダイはもっとガンダム以外もHGクオリティで立体化してくれよ。
ヘビーメタルなんてせっかくのシリーズがエルガイムMkIIも出てないとか聞くぞ。
他にもHG-SPTとかダメ?
 
ま、とりあえず満足なキットでした。
しかし別にトッドライネックと限定せんでもいいのではなかろうか。

わかってもらうように話すのって難しいよね的話

●シャナのアニメ1話を見てから適当に原作を立ち読みし、少しばかり原作の知識を得た上で2話を見る。
 
……OPにダンタリオン教授いNeeeeeeeee!
  
なぜだ。包帯メイドはいるのにどうしてだ。
これはつまりあのェエクセレントォーな奇怪列車のすんばらしき大活躍が見られないということかッ!
ギャオーと汽笛を鳴らして一般市民の度肝を抜く発進シーンや、シャキーンと翼を広げて飛行しマージョリーが度肝を抜かれるシーンとか見られないのかよおい。
 
●移民の講義はやっぱりオサレトークがバクハツ。
言うと思ったよ、「今回の総選挙、みんな小泉に騙されている」発言。
「やり方がナチじみてる」「大衆はアホ、小泉の単純化した宣伝に見事にひっかかった」だのとステロタイプなインテリ様のお言葉を延々と繰り返してくれました。
 つまりはその「単純な宣伝」の前に惨敗し、大衆がむざむざ騙されるがままに任せて啓蒙することとも出来なかった負け犬たる愚者の遠吠えなわけですが。
 
 ところで単純明確化を騙すと呼ぶなら、自分の講義でしつこく「レポートはわかりやすく、筋を明快にして書け」と教えてるのはどういう意味を込めてるんだろ。
 
●「この講義で何がわかったか/わからないか、書け」
・分かった点
この教授はあっちの世界の住人の一人だったということ
 
・分からない点
自分の喋ってる内容が色々おかしいことになんで自力で気がつかないのかということ
 
……いや、勿論本当にそう書いたりはしてませんよ?

10/19産経新聞社説「■【主張】テロ特措法案反対 前原らしさはどうなった」

党内融和を優先した前原民主党は、国民のための「改革政党」になれるのだろうか。衆院でのテロ対策特別措置法改正案の採決に対し、民主党が反対したことへの率直な疑念である。

 総選挙で惨敗した民主党を立て直すため、九月十七日、新代表に選ばれた前原誠司氏の決意表明はこうだった。基本政策をめぐる不一致の露呈を恐れることなく、多数決も辞さずに政策をとりまとめる、と。それから一カ月たった最初の試練で、腰砕けになってしまったと言わざるを得ない。

 テロ特措法改正案は、日本がテロには屈しないという国家意思を明確に示す意味を持つ。二〇〇一年九月十一日の米中枢同時テロを受け、テロ掃討への後方支援を定めた時限立法だ。一昨年に二年間延長され、十一月一日に期限が切れる。海上自衛隊は同法に基づき、インド洋でアルカーイダなどの封じ込めを行う多国籍軍の艦艇に四年間近く、給油支援を繰り広げている。

 この法案は十八日の衆院本会議で与党の賛成多数により可決、参院に送付された。月内成立は確実だ。

 前原代表は、国際社会の共同行動の重要性を知っているからこそ、今月上旬の記者会見で「(自衛隊派遣の)必要性は当初から認めていた。国会承認は重要だが、私個人としては(賛成のための)必要条件とは考えていない」と述べたのだろう。自衛隊派遣の国会事前承認などを求めて反対した従来の姿勢を、現実的な対応に切り替えようという決意もうかがえた。

 それが最終的には、政府の説明は不十分などとの理由から反対に回った。自衛隊の海外派遣に慎重な旧社会党系や小沢一郎前副代表などが「反対してきたことへの説明がつかない」と批判したことに配慮したためである。

 だが、民主党はかねて国連安保理決議がある場合、世界の平和維持に積極的に貢献する方針を公言してきた。そうであるなら、国際テロ防止のため、加盟国に適切な措置を求めるとした国連安保理決議に基づく日本の対テロ支援を認めるのが筋だったろう。だが、党利党略のため、踏み切れなかった。郵政民営化の対応と同じだ。

 前原民主党は、こんなしがらみを打破することへの国民の期待を担っていたのではなかったか。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 普段は産経などあまりまじめに読まないのだが、今回ばかりはこの意見に全面的に賛成させてもらう。
 野中や後藤田がどれほど愚痴をこぼそうが完全に無視してイラク自衛隊派遣や有事法を通してきた小泉と比べると、旧社会党系や小沢・鳩山なぞに今更配慮しなければまとめられないようでは先が思いやられる。
党の内部には対米重視姿勢を打ち出すにあたり、自民党との差別化ができなくなることを恐れる声があるようだが、そもそもこんな基礎的部分で見解が違っているのがまずおかしいのではないか。
 議論というなら「在日米軍再編協議の進展はどうなっているのか」「日米安保体制強化にあたり、どんなアプローチが有り得るか」といったより突っ込んだことで議論して頂きたい。
 日本をとりまく国際環境は、いつまでも入り口で揉めていることを許容しうる状況でもなくなっている。

タコさん惨殺されないように的話

●ライネックを見てハイパー化云々とか考えてるうちに、ふっと昔スパロボ関連のゲームでサザビーがハイパー化したことがあったことを思い出した。リアルロボット戦線だったかバトルロボット列伝だったか。
そんなハイパーサザビーなんて今やったら袋叩きにあうの確実だよなーとか懐かしく思う次第なり。

●民主党、テロ特措法延長に反対。
前原代表になって更生を期待していたのだが、交代早々いきなりずっこけた感がある。
そこで抵抗する旧社会党系をすぱっと切れないようでは折角の安保通の肩書きが泣くぞ。
 
●おいおい今週のジャンプ、HUNTER×HUNTERがラフじゃない状態で載ってるよ。
雨とか槍とか隕石とか降らないことを祈る。
 
●この時期に靖国参拝する小泉首相は絶対意図的なひっかけだと思う。
案の定中韓と朝日新聞や東京中日新聞あたりの左派メディアはダボハゼのごとく釣り上げられてるし。
 
ただ実際どういう意図があって参拝したんだろうか。
これで北京は対日重視姿勢(そもそも対日軽視で迂闊な事をすれば日本の反発を招いて日米連携を強化させ、米国のパワーが浸透し易くなるお膳立てになってしまう以上、現在の対日重視姿勢は特記するような方針でもないと思うのだが)と反日感情の板挟みでより動きが取り辛くなる。
 それが「いつまでもしつこく歴史カードを切ってくるならこういう形で返して身動きできなくするぞ」という意図の元に引き寄せた結果ならいいが、単にネットに溢れる自称国士様と同レベルなただの憂さ晴らし程度の意識の産物だと今後が心配になる。 
 
●部屋に新しく鉢植えを導入しました。
プラモと本しかないのがビジュアル的につまらなくなってきたので。
緑はいいね。地球の生み出した文化の極みだよ。

映画「ステルス」

友人と一緒に見てきました。
メインの空戦シーンは決して悪くはないのだが、なんか物足りないというかもう一押し欲しかった。
 
●下からタロンを見上げるカットや挿入歌の使われ方など、これでマクロスプラスの影響を受けてないとは言わせないぞと叫びたくなるのは邪推か?
  
●つーかパンフでゲッターやガンダム、ヤマトに触れてるのにマクロスだけスルーするのが逆に怪しすぎる(笑

●「速度2050ノットで降下」はハッタリがきいていて面白い、のだがそのままあっさり引き起こしてしまうのはもったいないとしか。
パイロットと戦闘機とがGと慣性の法則に逆らいながら機首を引き起こす瞬間を描くとかやって欲しかったなあ。
駆け上がって降りていく描写は良かっただけに非常にもったいなさが際だつ。
 
あと、何の変哲もない外見でかつ特別な説明もない爆弾一発でビルの隅々まで爆炎が行き渡って一撃できれいに崩壊するのはハッタリ効かせ過ぎ。
 
●ランチャー回転シークエンスの見せ方はどちらかというとロボットアニメ的だが面白いと思う。
(これがマクロスプラスっぽく感じた原因のひとつか?)
 
●山脈での空戦シーン、視点が流動的に過ぎる。
あんなにめまぐるしく動いたらスピード感よりワケワカメ感の方が先に出てしまう。
特にここは長丁場なだけに見辛さが余計引き立てられ、見てて疲れる。
率直に言ってここのカメラワークは稚拙に過ぎたんではないかと。
Su37との空戦で後ろをとられた後、スロー&ズームアップでクルビットして銃撃するのはおおっと思ったけど。
 
●エディはVTOL機のようだが、それだったらその設定を生かして着陸/離陸でノズルが稼働するシーンのひとつくらいは入れて欲しい。
どこからともなくジェット噴流が出てなかったか?
 
●無人空中給油機は正直あまりにあんまり。
近未来世界だったはずなのに、突如ラピュタの世界に転移したかのような違和感を覚えたぞ…
なんであんなレトロな外見にしちゃったのかと。
空中に豪快に巻き散らされた燃料で攻撃してくるのは意表をつかれたが、ここは本当にかなり肩透かしを食らった。

 
●脱出したタロン2が着地するまでの瞬間は緊迫感があって良かった。
狙いをつけて撃った瞬間視点がスッと手前に滑ってきてタロン2に命中、という北朝鮮兵に狙撃されるシーンのカメラワークはかなり良い。

「電撃!イージス5」 谷川流

●「とにかく強そうな名前を叫ぶと威力が出る」と聞いて、ふと脳裏に「斬艦刀稲妻重力落とし」だの「天上天下念動爆砕剣」や、「跳弾跳弾跳弾跳弾跳弾」とか「十字十字十字十字十字砲火」なんてのを思い出した俺を悲しい瞳で責めないで何も言わずに行かせて欲しい。
優しさが生きる答えならいいのにね……
 
●これ2巻で終わりかよ。
もうちょっと続けられそうだし続けて欲しかったなー。
コミカライズの機会でもあったらその時はぜひとも古賀亮一に。
 
●「ノーラッドのスパコン」
カタカナで注釈なしだと一瞬何のことなんだか分からなかった。
 
●ガニメーデスは風呂で洗ってもらうために神の手を降ろしたりボールにされて興奮したりと実に面白い奴だ。
 
●ガーが主役になった回は読んでて疲れた(笑
さあ一緒に感動しましょう!って興奮しすぎですガニメーデス。
 
●いやまあひーくんは本当に枯れすぎだと思うけど。
ゴキブリにびっくりした時巴は思わず彼に飛びつくそうだが、多分その時もあんまり気にしないんだろうな。
 
●どうでもいいがひーくんやや童顔だ。
巴と並べると同い年に見える。
 
●カラーページ一枚絵とその後ろの挿絵が全然違う絵柄に見える。
  
●巴がときどき某柏木家長女に見える。
ま、彼女と巴には決定的な違いがあるので識別は容易なんだけど。
 
余談だがロリロリ然としたののかとはちゃんと描き分けされてるのに感心する。
指鉄砲のカットだけはロリっぽかったが、俺はあのくだりにやられてこのシリーズ買ったようなものなので問題ないということにしよう。
というかひーくんと巴があれだけで終わってしまったことに関してはガニメデ並の勢いで嘆きたい。
どっちからでもいいからもう一歩は踏み出せよやぁー!
 
●琴梨は鶴屋さんが変装してハルヒ世界からイージス世界に顔出してるんじゃないのかと時々思った。
 
●「ひ、ひ、ひ、ひっ クンが毎晩ということでなければ我慢いたしますわ」
この台詞だけ見てあらぬ想像をした俺。
 
●まあそれはともかく、巻末漫画は(巻末漫画も、か)よろしゅうございました。
あろえとか巴とか凌央とか。
何を思ってガーを抱き抱えたんだろうか。可愛いので別に何の理由がなかろうともいいんだけど。

まあ俺は剣自体は一度も見たことないんだが的話

●今日の講義はさんざんでした。
心理学の講義では「説得」ということで実験として自由討論をせよとのお達しでありましたがグループメンバー全員やる気なし。
ネタふってもろくな回答がない上にすぐ余計な小突き合いを始めたりでてんで実験にならず、しょうがないので定例の講義後小レポートは「グループメンバーのやる気がなくてここに書けるような経験を得ることはできませんでした」と書いて出すはめに。
 こんなことバカ正直に書いていいんだろうかという点については疑問の余地はないでもなかったがそれ以外に書きようもなかったのでしょうがない。
 
 アメリカ史の講義はオンドゥル語によるトークショーバリバリ絶好調な教授の前に途中退出というか途中脱出者続出。
俺もよっぽど逃げ出そうかと思ったがそこまでの勇気がなく、少し読書した後昼寝するくらいで手を打っておいた。
 
 これで毎月10万の講義料を親に払って貰っていると思うとかなり忍びない。
 
●最近吾輩の愛車(名称未定の50cc原付。大学に行く時もバイトに行く時も本屋に行く時もプラモ買いに行く時もこれに乗っていくので愛着がわき、名前のひとつでもつけてやろうと思い立って久しいのだが適当な名前が浮かばず現在に至るも名無し)にちょいと元気がない。
重量80kgもあるキモヲタを乗せて、毎日文字通り西へ東へとこき使われているかわいそうな原付君なのでパワープラントが少々調子不良に陥ってもまあおかしくねえかと思い修理に出す。
ほうっておいて病状悪化→壊れると困るし。
壊れた時いつも世話になるバイク店(大変愛想が良いおっちゃんが店主なので気軽に寄れる)に持ち込みました。
店主氏の診断曰く「ベルトの摩耗だなー」ということで2、3日は入院かなと思って代車くれと言ったらすぐ直りますと言われて実際30分で修理完了したのにはちょいとびっくり。
いやはや愛想がよくて仕事も早いとなると実にありがたいバイク店なり。
 
 しかしこれだけ乗り回してたら次の修理まで何か月持つやら。もう走行距離計カンストもそう遠くないぞ。

●帰ってきたら実弟が何やらMDプレイヤーをかけながら魚のフライを作っていたのだが、どうもその曲が単なる豪快な騒音にしか聞こえなかったのは多分俺がアニソン以外の曲には見向きもしないという悲しい人種だからか。

「Electrotechnology for Dog」的話

ウォレスとグルミットが火あぶりに会うという憂き目を見たそうだが、大丈夫かしらん。

国防長官来日見送り 日米同盟に陰り 「普天間」停滞 首相丸投げ状態

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051007-00000000-san-pol


 日米両政府が今月下旬で調整していたラムズフェルド米国防長官の訪日が見送られた。沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題が暗礁に乗り上げていることへの「不満の表れ」(政府筋)とみられる。十一月中旬で調整されている日米首脳会談への影響が懸念されるだけでなく、緊密な同盟関係に陰りがみえている。
 ◆強い危機感
 「日米双方が好機を逃したくないと考えていると信じるが、障害に直面している」
 米国のローレス国防副次官は九月下旬の上院外交委員会東アジア太平洋小委員会の公聴会でこう明言し、日本側の対応に強い不満を表明した。そして、ラムズフェルド国防長官の来日見送り-。
 外務省は米側の対応について「日本が基地負担の軽減にばかり固執していることにいらだっている」(幹部)と解説しつつ、「在日米軍の再編協議だけでなく、今後の日米関係そのものに大きな影響が出かねない」と危機感を強めている。
 日米両政府は当初、十月中に基地再編案を盛り込んだ「中間報告」を策定する方針だったが、普天間問題で日米双方の主張が平行線をたどり、膠着(こうちゃく)状態に。日本側が名護市辺野古沖での現行計画を見直し、米軍キャンプ・シュワブ(名護市など)内の代替施設建設を主張しているのに対し、米側はシュワブ寄りの浅瀬に施設を建設することを求めているためだ。
 普天間問題の前面に立つ防衛庁は、十月二十九日にワシントンで外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の開催に何とかこぎつけ、普天間を除外したまま中間報告で早期に合意したいとの期待感が強い。
 だが、普天間飛行場の移設問題は一部地元の反対運動や首相自身が今年三月に計画見直しを表明したため、外務・防衛両当局も「うかつには扱えない」と及び腰だ。
 外務省は在日米軍再編問題が、地球規模の米軍の変革・再編(トランスフォーメーション)の一環であることを考慮。「米案を軸に検討を進めた方がいい」(別の幹部)との考えに傾いており、「地元の説得も含めて、防衛庁の対応を見守った方が得策だ」(幹部)と後ろ向きの声が出ている。
 普天間問題が決着しなければ2プラス2の開催は実現が難しく、「そうなれば、十一月十六日で調整中の首脳会談も流れる」(政府関係者)可能性が出ている。
 ◆司令塔不在
 「米国がかなりキレているのに、それが官邸にきちんと伝わっていないようだ。官邸では、だれも真剣に取り組んでいないのではないか」
 自民党の閣僚経験者は六日、司令塔不在の現状をこう嘆いた。2プラス2の開催を急ぐ防衛庁内にも「普天間はもう、政治決着しかない」(幹部)と、首相の高度な政治決断への期待感が高まっている。
 在日米軍基地問題に関する基本方針は「地元の基地負担軽減」と「抑止力の維持」の二本柱。だが、東シナ海で中国海軍がガス田採掘をめぐって軍事的な示威行動をして緊張感が高まる中、日米関係がぎくしゃくし始めたことで、負担軽減どころか抑止力の維持も危うくなりかねない。
 この問題に関する小泉首相の発言は少なく、今月三日、「地元と全体の状況を考えながら判断しなければいけない」と述べた程度。外務・防衛の担当者らにも「『負担軽減と抑止力維持だぞ』としか言わない」(政府関係者)と丸投げ状態だ。
 こうした首相の対応については「大統領との個人的な信頼関係にあぐらをかいている」(別の閣僚経験者)との批判がある。また、「衆院選前まで小泉首相の関心は郵政民営化だけ」(政府関係者)との政治姿勢も、外務・防衛当局や沖縄県に微妙に影響したようだ。
 日本の安全に直結する東アジアの国際情勢は中国の軍拡や北朝鮮、ロシアの動向など、不透明感が漂っている。それだけに、国家の専管事項である外交、安全保障問題での首相の決断は不可欠だが、自民党内には「首相は任期中の決着をあきらめたのではないか」との悲観的な見方もある。
 一方、政府を支える立場の自民党では、日米安保・基地再編合同調査会の額賀福志郎座長が中心となり再編案を策定する方針。かつては小渕恵三元首相や梶山静六元官房長官らが沖縄問題に尽力したが、自民党の旧橋本派の政治力の低下が著しく、額賀氏らが影響力を行使できるか未知数だ。
(産経新聞) - 10月7日2時37分更新

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 確かに再編といえば「地元の負担軽減」ばかりが話題になりがちで、先の共同戦略目標というテーゼや東アジアの安全保障環境への影響という観点から論じられることが少なかったのではないかと思う。
また「世界週報」には、自衛隊制服組が再編協議からほとんど外され、結果として日本側に必要な専門知識への理解が欠如していることや、防衛庁と外務省の相互不信からくる「統一されていない交渉」に米側は失望と不満を深めており、このままでは再編協議はいずれ暗礁に乗り上げる…とする「X論文」が寄稿されていたが、その話もこの記事を見るに飛ばしやヨタの類でもなさそうだ。
 しかし首相の指導力は今も国内政治に向いてままで、今後について私見を述べさせてもらえば悲観的にならざるを得ない。

Soldier Killed by Car Bomber; Terrorists Detained

http://www.globalsecurity.org/military/library/news/2005/10/mil-051010-afps01.htm

American Forces Press Service

WASHINGTON, Oct. 10, 2005 – A Task Force Baghdad soldier was killed today when a suicide car bomb detonated outside a checkpoint near the International Zone in Baghdad, military officials reported.

An Iraqi army soldier, an interpreter and an Iraqi civilian wounded in the terrorist attack were evacuated to a military hospital for treatment.

The name of the deceased U.S. soldier is being withheld pending notification of next of kin.

Also today, the Iraqi Army in eastern Baghdad detained two suspected terrorists during early-morning raids. The action stems from combat operations on Oct. 8, when Iraqi soldiers captured a group of terrorists.

"During the interrogation, the terrorists provided the Iraqi army with the names and expected locations of their cell leaders," said Maj. Terry Cook, a U.S. Army officer who works with the Iraqi army. "Today, the Iraqi army took action on that information and seized two higher-level terrorists." Both are suspected of directing attacks against civilians, Iraqi security forces and coalition forces.

Interrogation results indicate the terrorists were planning attacks against the Shiite population to disrupt Iraq's Oct. 15 constitutional referendum, officials said.

"The Iraqi soldiers hit the target locations very fast and very professionally," Cook said. "No shots were fired, and the suspects did not put up a fight." The terror suspects are being processed by the Iraqi judicial system, officials said.

Elsewhere, Task Force Liberty soldiers and Iraqi security forces detained two wanted terrorists during a series of raids in Kirkuk at 3:30 a.m. today.

One detainee is suspected of taking part in assassinations and distributing anti-coalition propaganda. The other is a known weapons trafficker. A small cache was found at his house during the operation.

The raids were conducted as part of Operation Saratoga, Task Force Liberty's effort to disrupt terror cells across north-central Iraq and set the conditions for a safe and secure constitutional referendum vote Oct. 15, officials said.

In other developments, coalition forces, acting on multiple intelligence sources, raided a safe house suspected of harboring foreign terrorists today.

During the raid, coalition forces found four 120 mm rockets of a type often used to make improvised explosive devices and detained four suspected terrorists. Coalition forces removed and destroyed the four rockets in a nearby open field.

In other Iraq news, Iraqi police officers from the Tarmiya district conducted a joint patrol with coalition forces and detained a man and seven rifles Oct. 9 in Taji.

Police and coalition forces encountered the young man, who was holding an AK-47. The suspect was detained and the area was searched. Five additional AK-47s and a Russian-made sniper rifle were found and seized. The suspect is being detained pending further investigation by authorities.

In Baghdad, Iraqi army soldiers coordinated and executed a large-scale operation to capture suspected terrorists Oct. 8. Three Iraqi army battalions struck numerous targets simultaneously and detained 12 suspects.

The suspected terrorists are thought to be responsible for at least 15 separate deadly attacks on schools, Iraqi police stations, government officials and Iraqi army and coalition forces convoys, officials said. They are suspected of using small arms, rocket-propelled grenades, mortars, roadside bombs and grenades to kill and maim civilians and Iraqi and coalition forces.

In another part of Baghdad, coalition forces detained five wanted terrorists during an early-morning raid. The suspects are members of a terrorist group responsible for attacks against coalition forces and Iraqi civilians. Soldiers raided the suspects' residences and then conducted a cordon-and-knock operation in the surrounding neighborhoods.

"After we didn't find our suspects initially, we moved out into the neighborhood to search other homes," said Army Capt. Sam Allen, a platoon leader with 1st Battalion, 9th Field Artillery Regiment, 2nd Brigade Combat Team. "In one house, the noncommissioned officers were on the ball and thought one guy was acting suspiciously. The neighbors, after seeing that we were there to help, told us that he was lying about his name, and it turned out that he was on the brigade's most-wanted list."

Since local residents cooperated with soldiers, force was not necessary in apprehending the suspect, Allen said.

"It had already been a long day when we found the suspect - we had searched about 50 homes - and that speaks volumes of our soldiers' work ethic and dedication," Allen said. "They always put 100 percent into every mission, and it pays off every day."

In other operations, a group of Iraqi citizens living in southwestern Baghdad, weary of violence in their neighborhood, detained a suspected terrorist, then made a phone call to a Task Force Baghdad tips hotline so soldiers could come and get him.

The Iraqis called the U.S. soldiers late in the evening Oct. 8 and a patrol from 3rd Battalion, 7th Infantry Regiment, arrived within minutes.

When the soldiers got to the scene, the residents handed over a terror suspect the unit had been looking for the night before. The suspect was detained for questioning. In other combat operations Oct. 8, Iraqi soldiers from the 3rd Battalion, 3rd Iraqi Army Brigade, carried out an early-morning cordon-and-search operation in the Abu Ghraib district of western Baghdad.

Within 20 minutes of their arrival at the suspected safe house, the Iraqi forces had secured the area and detained two terror suspects. The suspects are believed to be involved in killing and kidnapping Iraqi police officers, planting improvised explosive devices, and making remote-control-detonated bombs at an electronic shop in the neighborhood.

Elsewhere, coalition forces captured seven terror suspects while conducting six cordon-and-search operations in northern Baghdad. One of the suspects taken into custody is thought to be a member of a car-bombing cell. Another is believed to have placed roadside bombs targeting Iraqi and coalition convoys. A third suspect had an RPG-sighting device and four spools of wire in his possession when he was captured.

In the air war over Iraq, coalition aircraft flew 44 close-air-support and armed-reconnaissance sorties Oct. 9 for Operation Iraqi Freedom. These missions included support to coalition troops, infrastructure protection, reconstruction activities, and operations to deter and disrupt terrorist activities. Coalition aircraft also supported Iraqi and coalition ground forces operations to create a secure environment for ongoing Transitional National Assembly meetings. U.S. Air Force F-16s and F-15s and U.S. Navy F-14s provided close air support to coalition troops near Baghdad, Samarra and Tuz Khurmatu.

In addition, nine U.S. Air Force and U.S. Navy intelligence, surveillance and reconnaissance aircraft flew missions in support of operations in Iraq. Also, British Royal Air Force fighter aircraft performed in a nontraditional ISR role with their electro-optical and infrared sensors.

(Compiled from Multinational Force Iraq, Multinational Security Transition Command Iraq, Task Force Baghdad and U.S. Central Command Air Forces Forward news releases. Army Maj. Russ Goemaere contributed to this report.)


http://www.defenselink.mil/news/Oct2005/20051010_2989.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――

 新イラク軍再建の進捗状況、こちらの記事を見るに重要問題視される国境付近の管理統制を行い得る段階にまでは至っていないし、米軍将校の"The Iraqi soldiers hit the target locations very fast and very professionally," "No shots were fired, and the suspects did not put up a fight"という評価を鵜呑みにするわけにもいかないが、それでも独自に治安維持作戦を遂行できるくらいの、ある程度の能力は備わってきている様子。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。