「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界週報9/6号

 中国の党指導部と軍の不調和を指摘する記事がもっとも興味深かった。
以下引用。
 
「今年8月1日は人民解放軍の建軍78周年であったが、その「建軍」を記念する「解放軍報」の社説「党の絶対的指導の下、かっぽ(筆者注:変換してくれない)前進しよう」では、キャプションにある「党の絶対的指導」や、それに類する表現がさほど長くもない記事の中に17回も出てきた。
昨年の建軍節社説では4回だったことと比べて、党指導部が軍の掌握に問題を抱えていることをうかがわせる現象である」

(引用終わり)
 党が軍の指導に手を焼いていることを端的に示す事件として「台湾有事の際に米国から核攻撃を受けた場合、同じく核で報復する」と発言した事件がひかれているのは非常に面白く読んだ。
そういう文脈で読むと確かにまた違った意味が見えてくる。
また中ロ軍事演習を「(米軍と恒常的に演習している自衛隊と違い)自分より能力が高い相手と行う初めての本格的演習」として画期的であるとしているのも同じく中ロ関係の深化という側面にだけ目がいっていただけになるほどと思わされた。
スポンサーサイト

ガンダムエース10月号

●ミナ様を美人と言われるとやたら違和感があるのはどうしたことだろう。
いや気品とかはあるが。
 
●カギ爪攻撃を盾で止めて(ちなみにどっちも正式名称「トリケロス改」)トツカノツルギで攻撃する天ミナかっけー。 
●あんなイロモノ爆発メカ、それも2年前の型落ちに急に乗ってVPSとかついてるバリバリの新型と張り合えるカイトは凄い。
 
●8、一人称が1箇所だけ「オレ」になってる。イージーミスかな?
  
●そしてロウが帰ってきたー!
(リ・ホームの横に150ガーベラついてないのが気になるが)
やっぱり壊れたアウトフレーム改造するのか?

雑感

●HGハイゴッグ完成。
腕組むのに1時間くらいかかって非常に疲れました。
右腕の爪は填めた瞬間ボキンと折れやがるし…しょうがないので片腕だけハンドミサイルユニットにしてディスプレイしてあります。
しかし構えた腕がだんだん垂れ下がってくるのは困りものだな。
 
●大砲かついだガンダム造りたいという気分になったので1/100ガンダムRXFー91改とネオガンダム購入。
大砲っつったらバスターガンダムとかV2ABとかフルアーマーZZとかZプラスとかいろいろあるわけで、まあMGは作れないから除外するとしたって何もこいつらにしなくてもいいだろ的なものがないでもないがGジェネFでGバード振りかざして中原茂氏の雄叫びとともに極太ビームをズバーとぶっ放すネオガンダム見てから大砲ガンダムといえば俺の中ではこいつなのである。
ついでにいえば俺は本家F91よりアナハイムのパクリMSのほう、それも改が好きなのだ。ヴェスバーの角張り具合とか。
 

●うちのオカンがプラモ買った俺を見てガキでも組めるものをとかぬかしやがって大層トサカにきました。
こうなったらマスターグレードのEx-sとかフルアーマーZZ買ってきて組ませてやろうか。
ちなみに俺は中身を見て卒倒しそうになりました。みんな本当にコイツを組み上げちゃうの?
 
●マガジンの「絶望先生」、久米田は何をさらっと臭作とか描いてやがりますか。
つうかどういうメンツの横に臭作配置してんの。
 
●AT-Xでスクライドの放送が始まったわけですがやっぱおもしれーなー、これ。
世界を縮めるクーガー兄貴の早口とか笑ったなー。
バトルもパンチかました後着地でくるくる回転する演出が好きだった。
カズマみたいな役またやらんかな、保志。
 
●ねんがんの アストレイBたんこうぼん を 買いにいったらまだ売ってなかった。
おかしい。「ハルヒの陰謀」とか種デス小説3巻はもう早売りしてるのになぜアストレイBだけ……?と思ってよく考えたらBは角川スニーカーじゃなくて電撃から出てることに気づいた。ええいややこしい。
まあ結局今日改めて出かけ直して買ったのですがね。
 
種デス3巻、立ち読みしただけだけどアウルの死ぬ間際のモノローグ(当然後藤リウのオリジナル)がすごく良かった。
最後以外うろ覚えだが
「自分はこれから死ぬのだ。
 暗く冷たい海の底で誰からも悼まれることなく眠る。
 だが、恐くはない。
 海なんて、ただの水だ。……な、ステラ?」

「ジャンク屋驚異のメカニズム」

もとい、電撃ホビーマガジン10月号。
(本当に驚異だよな、あれ)
ガナーウィザードアウトフレームとかの設定画、単行本なりムックなりになるの待ってたら軽く年単位で待たされそうだし購入。
 
●8大先生のご活躍がすばらしすぎます。
あれ?ブラストシルエットがアウトフレームにくっついてると思ったら
「リジェネレイトと戦闘した時データ吸い上げておいたんでそれで造ってマルチパックだ。使え」
えええええっ?!あの間にデータとってたのかよ8!
 
●画期的システムを搭載した新型MS・インパルスに驚くはずの話だったのが、なんだか
 
なんかトラブル発生
  ↓
8「こんなこともあろうかと。今月のビックリドッキリメカ!」
ジェス「な、なんだってー!」
 
という話になってきてるような。
ぶっちゃけジャンク屋驚異のメカニズムの前にはコーディネイターの技術なんてなんでもないような気がしてきた。
 
●ストライカーもシルエットもウィザードもくっつくということは、理論上アウトフレームIWSPとかOF・ドッペルホルン連装無反動砲装備とかガンバレルOF・ライトニングOF、デスティニーシルエットOF、コンサート仕様OF(どピンク色)等々もありということになるわけか。
ゲームで再現しないかなぁ。…しないだろうなあ。
 
●ていうかOFにバックパックとしてリジェネレイト合体!なるプランが存在したって…
どんなカッコでどうやって戦うんだかまるで想像できねえよ、それ。どんな超メカやねん。
 
●乗る時に機体の状態くらいチェックしろよジェス。
ワイヤーガンもそうだったが、気がついたら装備増えてるってのは迂闊じゃないか?
…まあ8は勝手によくわからん装備造ってつけるけど、決して役に立たないものはつけないからそれは安心なのかもしれんが。
 
●友人があまりのアストレイRメカの不遇さに「もしかしてリジェネレイトとかパワードレッドって黒歴史になったんじゃないのか」としきりに心配してたけど今回ちゃんと出てきてよかった。
「いや公式のMSV系譜図にちゃんと載ってるよ」とは言うものの、ゲームとかでもことごとくスルーされまくりで悲しくなってた(そして不安になってた)のは俺も同じだし。
…今回の種ジェネでもハブらしいからなあ、Rメカ。

雑感

●種ジェネ、店頭デモでカナードの声を聞きました。
「俺は欠陥品じゃないッ!」
……あれ、キラと違って普通にいい声出してる。
 
●ガンダムが組みたくなったのでHGソードインパルスを購入。
どうして「ガンダム組みたい」でわざわざこれに走ったのかは自分でもよくわからない。
でもインパルスならやっぱソードだよねー。連結対艦刀ぶん回してイージス艦を豪快に斬り倒していくシーンは痛快だったしー。みたいな?
そこ以外にまともな出番なかっただけとも言うが。
  
 肩アーマーの白い縁とかフラッシュエッジの刃みたいな細かいところの塗り分けはちょいとめんどかった。
しかしよく1/144のくせによく動く。ポーズにすごい悩んだよ。
当然連結対艦刀装備で一択なんですが構え方に頭を捻った。
エクスカリバーは本当になげーし。いや長いからかっこいいのですが。
 
●次はHGハイゴッグ買ってきました。
非常に単純なカラーリングなので塗装は楽ちん。あとは組むだけ。
それにしても、写真つけられないプラモレビューって間抜けだなあ。 
 
●MGアッガイってシャレとかじゃなくて本当に出てたんだなとプラモ屋の棚見て思った。
ところでバンダイは何を思ってF90P型をキットにして出したんでしょうか?

第3次α・その9

トウマ編で神雷イベント終了まで。
 
 
●「ガドル・ヴァイクラン!」
1周目の時も思ったが、このすごーく自慢げな感じがステキな熱演に乾杯。
つーか神経質なヘタレっぽさに溢れるこの声のチョイスはキャラとのはまりぐあいがかなり素晴らしいと提案したいがどうだろうか。
 
●神雷、トウマのよく通る叫び声(まがりなりにもル・カイン様の代役やってるだけのことはあるなと感じる)と幼すぎる上にいまいちな叫び声のミナキさんとのミスマッチが……
 
●Jフェニックス修得。
カットインのルネの顔ちょっと変じゃないか?
しかし原作見た時から思ってたけどやっぱり女と手繋ぐソルJって似合わんなあ。
つうかラブラブ度がかなり増量されてないか今回?
 
●シンジ「ガ……ガ……ガ……ガ……ガオファイガー!」
ガ言いすぎ(笑
レッツファイナルフュージョン歌う気かい。
 
●ゴーショーグン使ったらなんかフラッシャースペシャルが色々かっこよくなってることにようやく気づいた
。前回追加された万丈のダイターンクラッシュカットインといい、日々進化するなあスパロボは。
 
●どうでもいいけどすでにバルキリーは22までいってるのに未だにVFシリーズ最初期型である1Aに乗せられてる柿崎ちょっと哀れ。
まあ乗せかえれば(Dフォースのおさがりとはいえ)VFー17やVFー19にも乗れるわけですが。
でもそれはそれでいきなりエンジン推力で50倍以上の差がある機体に乗って大丈夫なんだろうかと不安になるな。なんせ柿崎だし。
 
つーかそろそろ不死身の第四小隊を別の機体に乗せて出してくれ。
ジムカスで来られても困るよ。ルーやフォウはリ・ガズィで出てくるんだから別の作品の機体で出してもいいはずだよバンプレさん!
個人的にはジムカスに準じるポジションの少数量産のハイスペック機だとイメージ崩れないんで○。
Zプラスとか量産型F91とかグスタフカールあたりの。
…このポジで現実的にスパロボに出せるMSって意外と少ないな。

「アジア冷戦史」 下斗米伸夫

冷戦下のアジアにおける政治概史。
普通の新書と同程度の分量だが東側陣営の内幕への記述が豊富。
中ソ対立の細かい記述はかなり突っ込んだものになっている。
最も興味深かったのはソ連の戦後政策の話で、国境線を外に広げるというよくいわれる目的の他に、ウランの確保のためという点もあったソ連の東ヨーロッパへの執着の理由は目から鱗が落ちる思いをした。
また北京ーモスクワー東京ーハノイの間の関係、中ソ朝関係の歴史などあまり知られていないが参考になる記述が多い。
値段に対して非常に充実した内容。

雑感

●劇場版Zでフォウの声が変わることについて変な話になってるようで。
個人的には「α外伝」で思いっきりグリシーヌになってる新録聞かされて泣きたくなったクチなんで変わるならそれはそれでまあいいか派ですが。
 
●千葉智宏氏、Dアストレイ模型化とか色々企んでるそうですが何プラモになるんだろ。
これでノクティルーカザクHG化!とかだったら俺は悲しみのあまり泣いてしまう。
つーか後期アストレイ機体のキット化いつですかバンダイ……
 
●ストライクバルキリーどうにか完成。
色の塗り分け甘いわデカールの張り方雑すぎるわ組み方が微妙にズレてるわでえらい出来だがキット自体の良さに救われた感じ。
かっけーなーこれ。「変形できなかったら変な装備くっつけてるFー14もどきじゃないんか」とか考えてたことを後悔したい。
ファストパックの存在感がいいなあ。
 
●そのまま105ダガー+ガンバレルも完成。
肩の塗り分けに苦労したけどこれもいいキット。ポージングに悩んだが。
量産機っぽさと力強さを両立してて、こうやって見てみると棒立ちの的扱いにしかしてないなのが本当にもったいねえな。
 
●友人が買った「スパロボ魂」のCDで影山ヒロノブが歌ってる「メロスのように」を聞いたのですがあまりにマッチングしてなくてギャグかと思った。
あの曲はやっぱ甲高くて細い声で歌ってくれないとなぁ。
影山の熱くてぶっとい声で歌われると……
 
●戦後政治史で中ソ対立が普通に知られるようになってるのに「左なんだから全部一緒」と共産主義世界は一枚岩と信じ込んでる輩がやたらといっぱいいるのは何故だろう。
それは岡崎久彦と小林よしのりを一緒にしてるに等しいと思うんだが。

種デス44話「2人のラクス」

●やぁーっとグフがやられ役以外で登場。
 
●でもウィンダムは相変わらずやられ役なのね……
 
●イザークとディアッカ、あの特大ビームにやられて死ぬのかとヒヤヒヤしました。
 
●あと宇宙に上がったミーアがコロニー住民大量死の中に紛れて哀れな最期を遂げないかどうかという点もヒヤヒヤもの。
 
●相変わらずすべて疑問系で話すラクス。
否定するだけ否定しておいて…というかカガリ乗っ取られっぱなしかよ?! 
 
●オレンジショルダーがなにげなく登場。
 
●ゲシュマイディッヒパンツァーってよく考えるとなんでレイが知ってんだろ。
そんなメジャーな代物でもなかったような?

雑記

●種デス見て量産型MSの扱いにグダグタ文句たれてるうちになんとなく欲しくなってMIAのダークダガーLを購入。
間接の青色が気になるけどそれ以外はいい出来だなあ、これ。
バカでかい連装無反動砲なんてくっつけたら立つのかと不安になるがちゃんと立ちます。
シールドとビームカービン持たせてポーズつけるとこれがボリューム感出てなかなかかっこいい。
 
元のデザイン自体も改めてじっくり眺めてみるとなかなかの好デザイン。
がっしりとしてなかなか強そうだがあくまで量産機っぽさを失っていないという絶妙な感じ。
…まあ本編だと脇役MSはよくて棒立ちの的、それ以外じゃそもそも出番ねーよって状態なんで普通は気にも止まらないだろうけど。実際俺もまったく止まってなかったし。
 
ただこのダークダガーLってアストレイで出たNダガーNのおかげで存在価値がよくわからなくなってしまったような気がする。
 
●で、つられてVFー1S組みあがらないうちに105ダガー+ガンバレル買ってきてしまった。
いつぞやの種プラモムックvol.4に載ってた作例見てるうちに欲しくなりまして。
つかこのVFー1S、プラモ初心者が買う代物ではなかったかもしれない。
 
●アクエリオン、ここ3週ほど録画したままで見てないな。
ちゃんと見ないと。
 
●To heartーR見たけど、なんか微妙だなぁ。
微妙に役忘れてる人多数だったり微妙にキャラデザ違和感あるし微妙に台詞回しぎこちないし。
決定的にアカンというほどのもんでもないんだが、なんというか。

第3次α・その8

●マクロス7ルートを通って大雷凰登場までクリア。
外宇宙に出てスカル小隊と合流する時の
イサム「見ろよガルド、あのバルキリーのドクロマーク!さすが少佐だぜ!」
フィジカ「あれが伝説のエース部隊、スカル小隊の隊長フォッカー少佐と副隊長の一条少尉…」
マックス「隊長、一条君、柿崎君……ようやく会えましたね」
って感じの感動のごたいめーんなくだりはかなり震えたけど冷静に考えるとちょっとひどいような。
おーい主役は輝ですよ大神隊長。先輩じゃないですよー。
 
●しっかし死なないフォッカー先輩、本当に輝食いまくりだ。
IMでも生きてる以上必然的に先輩が指揮官ポジに来て頻繁に会話をかわすもんで輝はどうやっても目立てない。
輝をさしおいてくじけそうになるミレーヌを「お前の両親はこんなことでくじけたりはしなかったぞ!」と叱咤したりと原作見てない人からしたらどっちが主役なんだかわかったもんじゃなさそうだぞこれ。
  
●その後の「お前は歌え!歌えよ!」イベントではまさかフォッカー先輩や輝が声つきでバサラを叱咤してくれるとは思いませんでした……
何気にめちゃくちゃクロスオーバーネタに恵まれてないか今回のマクロス勢。
ゲペルニッチ様決戦でも愛おぼかかってマックス&ミリアのオリDVEが炸裂するとかばんばん絡めてくるし。
(直後の千葉の「ほあぁーっ」で感動台無しだけど・笑)
 
バサラの方もバイパー・ルウに子守歌と称してプラネットダンス聞かせたり放浪中にバルドフェルドの屋敷寄ってコーヒーごちそうになってたり、部屋に最後のシ者が遊びに来てたりで他作品との絡み多い。
 
●てかイリーナ早川少尉の代理、柿崎かよ!
救助してみたら敵に洗脳されてた柿崎でしたってのは思いっきり吹いた。
扱いがいいというか悪いというか。
 
●トウマのバイト遍歴がえらいことになってるなあ。
生体兵器のマッサージってブレン揉んでたってことか?
 
●バルキリー、最初ガウォークないのはへこんだけどこの戦闘アニメの演出見るに無くして良かったな。
VF-1のガンポッドのアニメにおけるガウォークの使われ方とかすげえいい。
あのファイターで飛んでいって敵を通り越した瞬間さっと足出して目一杯逆噴射→急速バックで交差する一瞬にガンポッド撃ち込むっての、短いアニメだけどすごく凝ってる。
 
●バランと対決するうちだんだんおかしくなったトウマがアルマナと会話するうちに本来の自分を取り戻す→ミナキさん「雷凰パワーアップ承認!」はなかなかいい流れね。
ただミナキさんの声がキャラとあってない上に演技力で妙に劣るのがなんだが。
(明らかに可愛すぎるというか若すぎる声。あれローティーンキャラ用の声だよね)
 
●つーかよ、まさかボスムチャヌケがこんなおいしい役どころを回してもらえるとは思いもしなかったっての(笑
 
●エツィーラは改めて顔グラ見ると服がどこまであるのかすごい不安になるな…

第3次α・その7

●トウマ編12話までプレイ。
ビシバシ特訓という形で版権キャラから積極的に絡まれるのはいい感じ。
 
●……逆説的にクォヴレーがどうも存在感薄いのもなんとなくわかった。
なぜか絡まれない&独り言(内心の独白)多すぎるからだ。
イングラム疑惑もいつの間にかフェードアウトしてあとはほとんど放置に近くな
る(話を振ってもらえなくなる)し。
考えてみるとキャラ立ってるし熱血要素もネタも兼ね備えてるのに存在感が出な
いって妙なキャラだな。
 
●合体原種vsコンバトラーV
豹馬「六神合体とでも言うつもりかよ!」

………………
 
●マイク改造してみたら鬼の強さを誇るユニットになりゃあがった。
しかし「ディスクX」までBGMに入ってるのはやっぱやりすぎだよな。 

「日本の防衛 7つの論点」 黒井文太郎編

 普段は宝島別冊とあれば文句なく黙殺するところだが、石破前防衛庁長官や秋山元防
衛政務次官、陸海空の元幕僚長3人ののインタビュー記事集と聞いて食指が動いた。
 さすがにナマの元高官の声ともあれば黄色メディアの当て推量記事とは全然違う。
 面白いインタビュー発言が多いが、中でも最も重要と思われる、前防衛庁長官の新大綱問題に関連するところを抜粋。
 
・石破前防衛庁長官インタビュー
ーーミサイル防衛導入で資金が必要になって、それで「じゃあ自衛隊もリストラしなきゃな」という流れもあったのでしょうね。
「いや、ミサイル防衛があろうとなかろうと、必要なリストラはしなきゃいかんでしょう」
 
ーー別の本で書いたのですが、「戦車を3割削減する」という大規模リストラがMDのおかげでようやく実行されることになったけれども、それならば別にMDがなくても8年とか9年とか前にもその気になればできたじゃないかと思うんです。
「そうでしょうね。でもね、人間はやっぱり他人に嫌われたくないってことああるでしょ。政治家も同じですよ。長官や副長官になったらやっぱりリストラなんかして嫌われたくはないんですよ。
それは防衛庁の内局の官僚たちだって同じで、やはり自衛隊に嫌われたくはないんです。一緒に仕事をうまくやりたいですもんね。だから内局官僚がすごく改革に積極的だったかというと、それも違うのです。自衛官から嫌われようが、内局官僚たちから嫌われようが、それはやるべきことはやらなきゃね、ということではあるのだけど、これはすごくエネルギーのいることだと思いますね」
 
ーー新大綱での基盤的防衛力構想はずしというのは、防衛庁内部から上がってきた案だったのですか?それとも長官の命令ですか?
「わたしは議論の冒頭からこれだけは絶対に変えると宣言していました。もちろん心の中では同じ考えの人もいたと思いますよ。でも、そうするとね"基盤的がダメなら岩盤的ではどうでしょう"などと言ってくる。よほど思い入れが強かったのかな」
ーーそれはやっぱり、リストラが嫌だったということなんでしょうね。
「それもあったのかもしれませんが、今までずっとこれでやってきたから、という思いのほうが強かったのではないかな」
 
ーー現在、米軍が進めている機動力重視のトランスフォーメションの小型版を自衛隊も目指していけば直すべきところはたくさんありますね。
「機動力重視で装備調達の見直しもすべきでしょう。わたしはべつに90式戦車が不要だとか、74式戦車がいっさいいらないとか、そういうことを言っているわけではないのです。それは戦車には戦車の存在意義があると思っていますが、"かくかくしかじかこういう理由で、ここにはこれだけこういうものが必要なんです"という議論なしに、漠然と戦車を買うということはもうやめてくれということですよね。一例をあげるなら、私は戦車よりも機動力に勝る装輪装甲車の有用性に注目しています。
ーー装輪車か装甲車かというのは、今最もホットな論争のひとつになっていますよね。
「こういうことは、やはり具体的な想定を検討したうえで考えるべきだと思うんです。たとえば、陸上自衛隊が出動する事態というのは、海自も空自も全滅とまではいわないが、組織的な抗戦能力は失われているということでしょう?」
ーー米軍も少なくとも日本周海ではすでにコテンパンにやられている状況ですよね。
まず現実的に考えられないですね。
「非常に考えにくいですね。ですから、どういう場合に名にが必要なのかということを考えると、これまでのような大規模侵略を想定した装備計画というのは現実にはそぐわなくなっている。
(中略)
ただ74式戦車が減勢していくからそのかわりに同じ数の新型戦車を調達しましょうということでは話になりませんね」
(中略)
ーーホントに陸自の部隊が全国津々浦々に15万人近くも必要なのかというと、議論の分かれるところだと思うのですが。
「陸自は大型装備より"人"が大切ですからね」

(引用終わり)
キーポイントは
 ・自衛隊の縮小は前長官のイニシアティブで、新大綱策定は自衛隊の削減・基盤的防衛力構想はずしを最初から既定路線として進行していた
 ・内局は縮小路線に好意的ではなかったらしい
 ・元長官が削減すべしとしているのは重装備。マンパワーの削減案の出所だけは別?
 
異論として
 ・イラク戦におけるハードスキン車両の不足という問題がまったく考慮外
 ・それ以前に元から陸自が機械化・機甲化で著しい遅れを取っていたことに無頓着である
 ・反対論者にはとりあえず「奴らの意見には実はこんな裏がある」という類のレッテルを貼っておくという日本論壇にありがちな悪癖に見事に陥っている
 ・離島防衛や対ゲリラ戦といった低強度紛争への想定において、敵にあわせて自分も弱くなる必要はない
 
正直この人が「元」長官であることに安堵しているというのが個人的印象。
ただ米軍再編に関するくだりの
 
ーー米軍基地のためにあれだけの土地を貸してやっているのに、なんであそこまで気を遣わないといけないのか、私にはさっぱりわかりません。
「日本がなくて困るのはアメリカですからね。でも、アメリカがなくて困るのは日本も同じですから、そこはやり方次第ということです。ただ、管理権を返還せよと言うからには"返還しても有事にはちゃんと使えるのか"とか、"その意志決定は迅速かつ確実になされるのか"とか"広大な基地を自衛隊が完璧に守れるのか"といたアメリカ側の懸念材料を、日本政府として払拭しなくてはなりません。自衛隊の負担はかえって増すことになりますが、それが嫌なら"独立主権国家にふさわしい扱いをしてくれ"などという資格は、日本にはないと思いますね」
 
という発言には、再編問題というと負担軽減ばかりが話題になるだけにまったく同意したい。
 他にも秋山昌広氏や竹河内康次・元統合幕僚会議議が語る制服組vs内局の問題や中山正寛・元陸幕長の語るPKOとマンパワーの関連性など非常に興味深いインタビューが多い。
(内局筋の秋山氏と制服筋の竹河内氏とで意見が微妙に違う点は目をひく)
西村慎悟vs加藤紘一あたりの明らかに紙の無駄使いな部分はともかく(2人で世界なり諸君なりに行って好きなだけやってくれと言いたくなる純イデオロギー的な観念論の対決)、意外に普通のインタビュー集な本なので関心のある人にはお勧め。

雑記

●カラオケで「メロスのように」歌ったら友人が急に「愛をとりもどせ」を入力。
どうしたんだと聞いたら「いや、元祖が歌いたくなって」
…まあ確かに「な、1部→2部で激変するだろ?」と煽ったのは俺なんだが。
「描き方変わったの、これ?」とまで聞かれましたよ。
 
ちなみにその後世紀末救世主伝説つながりで「愛よファラウェイ」歌ったのは秘密。
つかスパロボで改めて見るとデスガイヤーだけ浮いてるなあ(笑
 
●あと種で「静かな夜に」入れてみたらものっそいローテンポ曲でびびった。
ミーアver、アレンジ入れすぎ。
しかし「大切なものを光に」という歌詞で思いっきり違うもの想像して吹いちゃったよ……
 
●市外の本屋にプラモ買いにいったら唐突に弟と出食わした。
お前なんでこんなところで友達と「これはスカイグラスパー」とか喋ってんの。
ザカール様抱えてた俺はなぜか気まずさを感じた。
 
●「なんかプラモ買うか」で色々眺めてるうちにすっかり染まって、帰るころには赤と白の名鉄バス見てアストレイ・レッドフレームがよぎったり白と黒の普通自動車でストライクバルキリー思い出すわで変な気分だった。てかあそこの本屋、ダイラガーだのゴッドマーズだのドラグナーだのと妙に色々なプラモがあったな……
 
●東鳩アンソロ買ったけど、草壁さんは出番が少ないなあ。
由真の出番があったのは嬉しいけど。

スーパーロボット大戦J

●なんつうかコンパクト4というかそんなオーラがビシバシと出てるスパロボですね。
JはジョークのJか?

●というかいったいどういう基準で参戦作品を選んだんだ。
正気の沙汰違うというかあみだくじで選んだみたいなリストだ。
 
●ファミ通の記事見てもよくできたコラ画像に見える……
主に某とっとこハム太郎のせいか。
ぶっちゃけふもっふ参戦という最大の衝撃は彼を出すためだよな、きっと。
 
●どうもまともなスパロボには出られない宿命がレイズナーにはあるらしい。
このエイジ、1部なのか2部なのかよくわからん。
 
●今ごろ賀東氏は大喜びだろうなあ。
なんてったってレイズナーと競演だし。
 
●今回もアストレイなしかよ?
蛇の尾vs魔法銀とか見たかったんだがなぁ……

第3次α・その6

●クォヴレー、最後どこへとも知れず旅立ってしまった。
おいおいアルマナ様にフラグ立ちまくってたのにスルーですか。
それにしてもアルマナ様の谷間は深いですね。
 
●クォヴレー、決して悪くないけどどうにも地味というか目立たないキャラだったなあ。
前半あんなに疑惑をかけられてたのはなんだったんだと思えるほど中・後半は投げやりな扱いだし。
(ちょっとヴィレッタにイングラムっぽくないかと思われるくらい)
本人は良かっただけにこの存在の空気っぽさはどうにかして欲しかった。
 
●で、2周目トウマでスタート。
今ごろジーグのマッハドリルにとどめ演出追加されてたのに気づいた。
一周目はルート選択の都合もあってリアル系ばっか使ってたからなぁ。
つかこのマッハドリルの演出かっけー。
 
●3ヶ月後いきなりミナキさんが嫌な女になってるのはびびった。
 
●何気に原種編でルネと光闇姉妹が登場してるのね。
 
●ジーグ「でかいからって調子に乗るなよ!」
 イサム「冗談はその図体だけにしな!」
 フォッカー「化け物相手に遠慮はせんぞ!」
 
Sサイズの皆さんの恨みは根深い様子。

第3次α・その2.5

(書いたけど載せ忘れてた分を今ごろ更新)
33話までクリア、新主人公機登場。
 
●Zマスター戦、戦闘前会話くらいあったっていいじゃん。
気力300は吹いたけど。
 
●つかまだ30話なのに全然そんな感じがしない。
 
●ギャレオンの旅立ちでしばらくガイ兄ちゃん見物人化かと思いきや即ガオファイガー登場しちゃった。
 
●オーブ戦のアスラン介入のくだりは原作より良いかな。
なんか答えが出ないけどとりあえずキラがピンチだし、みたいなノリで介入した原作よりはっきりと意志を示し、「俺に任せろ」「ここは父上と同じ匂いがする……!」と明言してみせる。
 
●同時にそのステージでヤザン復活。アラゼオとの会話あり。
で、アラドぶつけたら戦闘前会話で「あの時握られた礼をクラッシャーで返してやる」とか言い出して吹いた。
そんなもんで握り返すなよ、恐いじゃないか。
 
●あとカミーユのスランプとそこからの復活のくだりもなかなか良かった。
種割り込み参戦を活かしてる感じ。
  
●新アストラナガンことディス・アストラナガン、正直なんとも言いがたいデザイン。
立ち絵はゴキブリ然として酷すぎるとしか言い様がないんだが、動くとメチャカッコイイんだよなあ。
Z・Oサイズとかしっかりアストラ然とした挙動(スラスター光とか)もあるし、最強武器に至っては拳を握り締めるイングラムのカットインがバックに登場、それと重なるようにクォヴレー青髪化し同じ握り拳ポーズで「回れ、インフィニティシリンダー!」。
そして球体が敵を消し飛ばすというあれ。ちょっと感激した。
それにZ・Oサイズの翼を広げてすっ飛んでいった後鎌で叩き斬って打ち砕く→飛び去るという一連のアニメはホントカッコいいしなー。
金子氏はどういうつもりであんな立ち絵にしたのか。
…まああの立ち絵だから翼広げて飛ぶ姿がかっこよくなるというのもあるかもしれんが。
 
●あ、登場の仕方自体は非常に王道です。

第3次α・その5

●M1アストレイの図鑑で「3機のプロトタイプが存在するとも言われるが定かではない」
次のスパロボでは定かにしてくれ。
 
●銀河を貫くマクロスキャノンやイデオンガン、地平線の向こうからヌッと出現するGクラッシャーなどビッグスケール武器の演出が上手い。

●マイ「産まれた時はみんな赤ちゃんだったの?」
 プル「当たり前じゃない」
 マイ「ゼンガー少佐やモンシア中尉やヒイロも?」
 プル「……違うかもしれない……」
 
妙にうけた。
 
●偽霊帝は存外あっけなかったな。万丈にお前人間じゃないだろ?みたいなこと言ってたりで面白かったけど。
 
●シヴァーはそれなりにいい人でした。
それにしてもユーゼスといいエイスといいシヴァーとい、、仮面つきで副官やってて裏で何か企んでるのはゴッツォ家の伝統ですか?
 
●最後に残った宇宙怪獣とバッフクラン、ホント疲れるな……
それでこそとはいえ、重機動メカと戦艦の群れや巡洋艦型怪獣の集団の相手はしんどい。
 
●ガンド・ロワ出たー。
いやいや良かった。今回出さずにいつ出すよって感じだし。
 
●種が出てスケール縮むんじゃないのかと心配してたけどそんな懸念も何のその、全宇宙の運命とイデやゲッター線とか話はでかくなる一方です。
ラスボスに至っては全宇宙におけるイデに見放されたよくない力の集合体というデンジャラスな存在。
 
●「俺には親も兄弟もいない。いるのは仲間だけだ」
クォヴレーかっこいいことを言ってくれる。
 
●58話「発動」
 
やっべイデ発動のバッドエンドにはまっちまったかとかなり焦った。
 
●穴馬駆け抜けすぎ。
シュツルム・アングリフを地面のあるステージで使うとえらいことに……
 
●「♪われこそは~われこそは~バラン・ドバン!」
洗脳効果絶大。
  
●「Beyond the time」をバックにバイラル・ジンと戦闘するアムロが妙にはまっててちょっとしんみりした。
♪ああ、メビウスの輪から 抜け出せなくて いくつもの罪を、繰り返す…
 
●59話のカルネアデス計画最終局面、宇宙怪獣大フィーバーにはかなり参った。
HP5万越えが無限に涌いてくるとか勘弁。嬉しい原作再現だけど色々な意味で疲れた(笑
 
●台詞だけとはいえゲペ様とかバッフクラン艦隊とか色んな連中が増援に来るのイカス。
 
●バスターマシン3号起動のシーン、こんだけ色々揃ってるのに全員スルーして原作たれ流しかよ!と思ってたらうわっはー。名前呼びまくりのオリDVEですよ。
やっぱりこういうのがあってこそだよね。
 
●ラスボス、とどめはクォヴレーで虚空の彼方に消し飛ばしてやるぜとアイン・ソフ・オウルで攻撃。
でも通常の「ディス・レヴ、オーバードライブ!」って台詞でおいおい専用じゃないのかよとがっかりしてたら「霊帝よ…」「この一撃で冥界にゆけっ!」とかいう台詞に入れ変わっててびっくり。
わざわざTBSの掛け合いにも専用ver用意してあった。
 
●つか、「ケイサル・エフェスよ光になれー」とかガムリン、コスモあたりの主役級はともかく、まさかタシロ艦長やディアッカとか柿崎にまで専用台詞があるとは思わなかったんですが。
フラガの兄貴やフォッカー先輩にもあったし、新録声優キャラにはほとんど全員専用台詞あるっぽいな。
 
●イデオンは発動ED回避すると妙に丸くなったその後のif展開が見られるな。
 
●クリアするとロボット図鑑とキャラ事典が変化、ネタバレオープンになり文章が少し変化。
ピア・デケム・ピークは最後零距離10連メーザー砲をコクピットに食らって沈んだとか、フラガの兄貴は魔乳とくっついたけどAA庇って死んだとか、それと戦死後のフィジカのアレとか最終的に各原作でそのキャラやメカがどうなったかの解説が追加されます。
今まではネタバレ防止で極端に味気ない文章になるか、先バラしすぎになるかの2種類しかなかったし、このシステムいいね。
それとフォッカー先輩の項でパインサラダのジンクスネタの解説が追加されてたのには笑った。
 
●追加分、マックスとミリアで「工場衛星攻略作戦の時のキスでデカルチャーをこの年でもういっぺんやった」。
おいおい無印TV版と一緒に未放送分のネタまでフォローしてるよ。
 
●エンディングで万丈がこの後何すんの?という話になり、
トッポ「社会に巣くう悪を倒す謎の仕置き屋とかどう?」
万丈「悪くないけどそっちには既にウルフのマークの凄腕がいるからなあ」
クロスボーンやブレンも劇中で触れられたし、忘れられてないよ良かった良かった(泣
 
●そういやトウジも3号機は使えないけどフェードアウトにはならなくて良かった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。