FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アストレイ各種感想

一度友人から借りて読んだが、改めて購入。

●ときた版「アストレイ」
複数メディアミックスされているアストレイの基本。
各々作者によってキャラがややブレているが、根底にあるのはときた版である。
熱血漢で無鉄砲のロウとクールな戦闘のプロである劾という明快でスッキリしたキャラクター性は見ていて気持ち良い。
というか本当にキラやアスランと同一世界の人物なんだろうか
 
コミカライズとしてはごくベーシックであり、悪く言えば地味。
メカ作画がよく纏まっていてデザインがわかりやすいが、動画に迫力や躍動感がないという欠点も。
 
  
●戸田版「アストレイR」
漫画版スクライドの作者である戸田泰成氏によるコミカライズ。なので、話も
ロウ「レッドフレーム・カモ~~ン!」
劾「ブルーフレーム・カモ――ン!」
 
劾「何故ならお目当ての"予備パーツ"はさっき見つけて、全て破壊してしまったからだ~~~!」
 
ロウ「これが俺の"赤い一撃"(Red=赤い、赤 Frame=炎、激情)だッ!」
とか、そういうノリである。
これを見てもわかると思うがキャラクターは軒並み別人と化しており、中でも劾とギナ様はえらいことになっている。
もっとも150ガーベラでどぅぶれあといい、Rでエライことになっていない話はないと言えばそうなのだが(笑
 
 ガンダムらしからぬやたら破天荒なノリは見ていて痛快だが、メカ絵が非常に見辛いという小さからぬ欠点がある。
特にリジェネレイトはRの劇中だけでは形がさっぱり分からない。
あとガーベラストレート曲がりすぎ。
 
●千葉版「アストレイ」
小説版のアストレイである。通称アストレイB。
主役は劾とサーペントテール。
千葉版ガイはときた版以上に傭兵らしくクールで冷徹である。
必要以上のことは話さず、敵には容赦なく、また自分の職業に忠実。
とりたてて残酷ではないが必要とあらばコクピットにアーマーシュナイダー打ち込むというようなこともやる。
 
この劾も悪くはないが、全体的にやや文体が味気ない。
特にメカ戦は淡白すぎるきらいあり。
しかしタクティカルアームズってフライトユニットにもなるのか…
 
●「Xアストレイ」
 無印アストレイの続編で、作者はときた氏。
キラのクローンにしてスーパーコーディネイターの失敗作、カナードと新たなアストレイを携えて登場した幼い少年プレアを中心に話が進む。
ロウもそうだがキラを殺して「本物」になろうと狂気の道を進むが、プレアと戦い彼に敗れることで最後は立ち直り「オレはオレの道をゆこう」と穏やかな顔で呟くカナードといい、「王道ではない」と言いつつ本編よりよっぽど王道である。
 基本的にメカ作品なのは変わらず、ザフトのガンダム1号機であるドレッドノートガンダムや光波防御帯「アルミエール・リュミエーレ」を装備したハイペリオンガンダムなどが登場する。
ただ本作で一直線に繋がることになるドレッドノート→リジェネレイト→正義・自由→天帝という開発ラインがピンと来ない。
ザク→グフ→ドムやブラウ・ブロ→ジオング→サイコガンダムはあーなるほどと思えるのだが。
 
 既存マシンの改修機が多く登場し、特に主役のアストレイ赤青金は改造されまくって別物になる(かろうじてレッドだけは原型を留める)などメカ好きにはなかなか面白い作品。
本編ではろくすっぽ活躍できないままG・E・レクイエム化したブリッツの腕を移植し、ミラージュコロイドを搭載して大暴れするゴールドフレーム天など設定を生かした話作りなのも○。
今度デスティニーアストレイも買うか。
スポンサーサイト

アストレイ補記・無印とRの比較

ときた版・戸田版の両方に登場するガーベラストレートが折られる話をピックアップしてみる。
 
●ときた版
ロウ「反撃っ、いくぜっ!!!」
  「でやぁぁぁっ!」
ギナ「効かぬ!」
(ブン!)
(ガキィィン!)
ロウ「ガ…ガーベラ・ストレートが…折れた…」
 
●戸田版
ロウ「脱出!そして…」
  「反撃の切断!!」
(ガキィィィン!)
ロウ「なっ…!!!」
  「『ガーベラ』がっ…!!?」
ギナ「油断だ…!!それが下賎の証明!」
 
 
改めて見てもRはいちいち台詞回しがおかしなステキなことになっている。
さらにもう1つ、3巻収録の漫画化B。
何事かと思えるが、一応この台詞は劾のものである。
 
「――俺が支払えるのはお前達の命」
「ガルシアと基地を解放するなら――」
「その『命』助けてやろう――!」!

(クルクルゥ~ッ)
「俺は傭兵部隊サーペントテール…」
(ピッ!)
「叢雲 劾!!!」

「任・務・完・了!!」

なぜか風花はハブにされているのが惜しい。
…というかぶっちゃけ面食らうよな、これ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。