FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ピッポッパと囁けば 愛しているのが分かるのさ」

 アニメガッシュのコーラルQソングに無茶苦茶笑った。
♪そんなに俺が好きならば、一緒に叫ぼう ロボルクを~
横でグラブまで一緒に楽しそうに踊っているのは何故だ。
 
しかし、ガッシュはオリジナル話が酷いだけでキャストは豪華だし原作再現はきちんとやってくれるからいいがアイシールドはマジ悲惨らしいな。
ヒル魔の声がアレでソレとよく聞くが、この間1度見た時はアレではない奴がいなかったような気が…?
しかもヒル魔は「ファッキン」言わないらしいし。
それはグルービーしないサンビームさんとかイェーイと言わないJ9みたいなもんじゃなかろうか。

ドラゴンマガジン5月号増刊

 結構楽しみにしてたファンタジアバトルロイヤルですが、発売日チェックしておかなかったので偶然行ったら見つけたので買ってきた、とい状態に。
最近休載してたまぶらほ仮装戦記編がちゃんと載ってて良かった。
 
 とりあえず4コマ漫画のリーラがめっさ萌える。
普段あまり表情を変えないだけに表情(ちょっと)豊かなあたりが。
「おい…」とか青筋立てるリーラなんて初めて見た。
手榴弾でメイドを認識するというのもなんかスゴイものがあるけど。

 本編もリーラが以下略。
完全に夕菜の引き立て役じゃなくて、夕菜が引き立て役になっとる。
まあ作者も分かってやってんだろうけど。
 
ところで「リーラと仲間たち」って元ネタなんだろ。
「メイドは舞い降りた」とか「メイドの黙示録」は簡単に分かったんだが………
 
 ところで欄外の中隊構成員の設定、また意味もなく細々と作ったなあ(笑
前回の念入りに作られた中隊史も笑ったけど。

種デス感想29話「FATE」

 巻き戻しすぎ。

TH2/ルーシーるート補記

「シャーマン」
「しゃーまん………」
「戦車だよ、戦車!どかーんて大砲載っかってる奴!」
「それは微妙に正しくない。75ミリ砲または76ミリ砲搭載」
「……」
「105ミリもあるぞ」
「ちなみにイギリスの17ポンド砲を搭載したのがファイアフライ」
「びとまんもびっくり」
 
こんな会話が発声されるのには腰を抜かしたわ。
ラーゼフォンCDドラマじゃあるまいし…かゆうまネタとかはまだ予想の範疇だったが。

「首脳会談精神に背く」と非難=町村外相の台湾発言-中国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050504-00000861-jij-int

 【北京4日時事】中国外務省の孔泉報道局長は4日、町村信孝外相が先のニューヨークでの演説で「台湾はもともと日米安保条約の対象となっている」と発言したことについて、胡錦濤国家主席と小泉純一郎首相による先月下旬のジャカルタ会談が両国関係改善で合意したことに触れ、「会談の精神に著しく背くものだ」と非難し、日本政府に「言行一致」を強く要求した。 

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ウェブの記事ではここで終わっているが、手元の中日新聞5月4日付朝刊ではこう続いている。
 
「これに対し、堀之内公使は、町村外相は講演の中で日本の台湾製策は不変である旨を述べていると説明した上で、4月17日の日中外相会談でも台湾独立を支持しないと表明していると伝えた」
 
 正直どうとでも取れそうだが、従来の台湾政策からの大幅な転換は無いという解釈でいいんだろうか。

創聖のアクエリオン第5話「地下迷宮の王」

・「ワナよけ」と言いつつちゃんと助けてしまうあたり悪い人じゃないね、お兄様。
………ということにしておこう。
 
・ピエール、その他大勢1号かと思ってたらすごい格好いいこと言ってるゥ。
 
・電波成分やあからさまなネタ成分も多いが、独り善がりな主人公が仲間の叱咤を受けて協力して合体→後半で襲ってきた敵を倒すというこの展開、押さえるべきところはきちんと押さえてるな。
 
・そろそろ必殺技が欲しいなあ。
 
・いつでも司令は唐突です。この後もずっとこんな調子かおい。

TH2/ルーシー・マリア・ミソラるート

・導入部のデムパ具合には頭がぐらぐらした
  
・「ルーシー」という名前はいつ出てくるのかと思ったら………ニクイねこの。
 
・るーるーるー
 
・るーは意外と大胆。エロい台詞やCGはないがなんとなくエロい。
 
・4月1日の「嘘でもいいから好き」は良かったなー。
 
・終盤ちょっと重苦しい話でやや陰鬱。何気に新婚生活してるんだが…
 
・普段はいつ学校に来るかわからないのに休みの時はきちんと出席してくるのは笑った。
 
・お月見は無茶な展開だったがなんかやりとりが好きなので許す。
 
・意外と衣装が多い。ウェイトレス衣装だったりエプロンしてたり。
んでこれがよく似合ってるのな。
 
・抱き締められて慰めてやるイベントとか添い寝してやるイベントは勿論だが、寂しいのは自分だろ!と言われてさりげなーく「それは昔。今はうーがいるから寂しくない」と切り返すのは萌える。
貴明は結構恥ずかしい台詞言われてることに気づいてなかったが。
 
・キスシーンのCG気合い入りすぎ。
 
・ええっ?!許嫁ぇーっ?って貴明と一緒に仰天ですよ。
いつの間にそんな萌える展開にしちゃったんだよるー。
これもるーのご加護ですか。
 
・別れたすぐ後再会になるのはアレだが、るーがいなくて陰々滅々な貴明の描写が延々続くことになっても困るのでまあこれはこれで。
ところで貴明的にはすぐ再会だが、るーは相当長い時間を過ごした様子。
逆ウラシマ効果?
 
 
 
委員ちょより萌えたかもしんない。

「空に蒼い流星 夜の銀河を滑るようだね」

 ちょっとだけ「銀河疾風サスライガー」とかぶっちゃって歌ってて混乱する。
 
「♪そーらーうぃんど こころの帆に受けて」
「♪そーらーにー 蒼いりゅうーせーい~♪」

 というわけで(どんなわけだ)妙に愉快なフラッシュ紹介。
ttp://www.geocities.jp/ayashigedo/ru-ko2005.html
 
全体的に歌詞にあわせたグラフィックを選んでるが、中でも赤い閃光をバックにデビットやシモーヌ達が次々に写るシーンまできちんと再現されてて爆笑。
 

今更ながらToHeart2を買ってきました

 どこ行ってもまったく値崩れしてなくて恐い。
ナムコのガンダムなんかもう3000円割ってたのに。
 
 いきなりくさやを食わされる貴明に笑いながら、さっそく噂に聞く委員ちょこと小牧愛佳シナリオにかかりました。
一緒に帰るだけでえらい労力が費やされる展開に笑いつつ萌え。
下駄箱→校門の外→道が分かれるまでという手順を踏むのに何度会いに行ったことやら。
名前で呼びあうのもひと苦労だし。
うっかり本だな越しに対面することで始まるごめんなさい合戦もいいけど(笑
お前ら何やってんだ。
毎度のお茶シーンも楽しかったし。
 
しかし、二人とも異性が苦手なせいで関係進展ペースが遅かっただけに、エンディングが長い長い。
確かにあんな調子じゃくっつくためにはあのくらいの尺が要るだろうなぁ。
郁乃の根性曲がりも甚だしいシスコンっぷりは凄かったが(笑
 
●個人的に気に入ったポイント
・えっへんグラフィック
・ひそかにつまみ食い大好き
・食べるの早ッ
・シール偽造とか秘かにおやつとか、実際悪い子かもしんない
・ケープもらって嬉しいのはわかるが大事にしすぎ。貴明も言ってたけど
・意外とスペックは高い
・世にも珍しい「あーん」。貴明災難
・わざわざ高い高いしてもらう。素直に甘えようよ
 
 
はたして噂にたがわぬ素敵シナリオでありました。
表情の多さとシャイすぎるのがヨイ。
そういや誕生日だったな。おめでとう委員ちょ。おめでとう愛佳。
 
次はルーシーか由真シナリオに行くかな?

DNA・OG2アンソロ

 「斬艦刀くるみ割り円舞」なる、それはそれはキモいKー×6節炸裂なネタだけでも買う価値あった(笑
外伝やってるとキモさが60%増でなおよい。
なにげにティスとデスピニスが描かれているのもポイント高し。
あいつらやジョッシュ達がOGシリーズに出られる日はいつになるやら…
 
メイドさんキョウスケなる妙なもの(なぜか意外と似合っている)もあるでよ。

「台湾は日米安保の対象」町村外相

http://www.asahi.com/politics/update/0430/004.html

 訪米中の町村外相は29日午後(日本時間30日未明)、ニューヨーク市内で政策スピーチをした後、聴衆の質問に答える形で、台湾問題について「もともと台湾は日米安保条約の対象になっている」と述べた。同条約の極東条項の地理的な範囲に台湾が含まれると指摘した発言とみられるが、日本の外相が台湾を日米安保の対象と明言するのは異例だ。

 町村外相は、2月に日米で合意した共通戦略目標について「そこで台湾(問題の平和的解決)を述べたからと言って、日本の防衛線がそこまで拡大したかというと、もともと台湾は日米安保条約の対象になっている。今までの日本の台湾政策と全く変わっていない」と語った。

 日本政府は極東の範囲について「フィリピン以北並びに日本及びその周辺の地域であって、韓国及び台湾地域を含む」との見解を示してきた。ただ、中国は日米安保強化が台湾の自立化を促すことを懸念しており、日本側も中国を刺激しかねない台湾への言及を避けてきたのが実情だ。

 町村外相はまた、質疑の中で、日本の歴史認識について「日本はちっとも反省していないと言われるが、ドイツの政治リーダーより、はるかに何度も、たくさんおわびしている」と語った。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 記事本文中にもあるとおり元々極東条項でフィリピン以北と定めてはいたものの、実際のところ台湾海峡危機では日米はほとんど政策協議を行わず、派遣された空母2隻のうち1隻は無通告で派遣され、台湾沖での米海軍の活動は日米ともに「事前協議の対象ではない」という認識を見せるなど日米安保条約は眠ったままであり、周辺事態法制定の際の曖昧な態度などもあり実体としては日米安保条約上、台湾は無視されてきたようなものであった。
 もともと「2つの中国」の立場はとらず、「当事者間の直接の話し合いにより平和的に解決されることを強く希望する」という姿勢をとり、台湾有事は想定していないというのが日本の公式の態度だったから,そこにこの発言は確かに大きな意味を持つ。

「そこで台湾(問題の平和的解決)を述べたからと言って、日本の防衛線がそこまで拡大したかというと、もともと台湾は日米安保条約の対象になっている。今までの日本の台湾政策と全く変わっていない」

 つまり、法理論上は従来の公式解釈をそのまま述べているにすぎないのだがそれを外務大臣が「台湾も日米安保の対象」という形で正面切って述べるのは確かに異例のことではある。
ただ、この場合「聴衆の質問に答えて」という形式の上「反日デモの警備に対して自衛隊の派遣を」など勇み足な発言が目立つ町村外相の弁であり、果たして日本政府としての公式な態度と見なしてよいのか疑問。
 
で、実際に防衛庁・外務省の両関係省庁へ電話で聞いてみた。
 
Q:「町村外相が台湾は日米安保条約の範囲に含まれている、と言ったが実際のところはどうなんですか?」

●外務省
代表から日米安保条約課に繋がる。
最初の回答は「不安定の弧」がどうのトランスフォーメーションがどうのといまいち遠回しで要領を得なかったので、直接聞いてみた。
 
Q:「つまり外務大臣の発言ではあるが、省の統一見解ではないと?」
 
A:「…そういうことになりますね。追ってなんらかのプレスリリースがあるかもしれませんが、現段階では明言は出来ません」
 
 担当者もやや自信なさげというか、歯切れが悪かった。
ちなみに、最初に「そういう発言があったという報道があったのですが」と聞いたところ「どこの報道ですか?」と尋ねられた。
 
●防衛庁
日米安保の運用について問い合わせたい、と聞いたところ広報課に繋がる。
こちらも防衛庁のどの部局に聞けばいいのかよくわからなかったが、向こうもそうだったらしい。
 
Q:「町村大臣の発言ですが、防衛庁としてはどうなんですか?」
A:「そうですねー…外務省がそう言ったのならそうなります」
 
Q「外務省に問い合わせたら『大臣の個人的見解で、省の統一見解とはいえない』という答えでしたが…」
A:「あー、そうなんですか…それならそうなります」
 
Q:「防衛庁のほうにはこの件で連絡は回ってきていないということですか?」
A:「はい、回ってきていませんねぇ」
 
Q:「その件について何らかの研究等もしていない、と?」
A:「している・していないという回答自体できません」
 
最後の質問に対する微妙な答え方が印象的。
(していない、とは言わなかった)
  
 
 やはり関係各所に調整や連絡などはしていない様子で、現段階では町村外相の勇み足ということらしい。
 防衛庁はおろか、外務省もそういう発言があったということ自体聞いていなかったような節が伺えた。
 81年の「シーレーン1000カイリ防衛」発言問題再びということにならなければよいのだが…

国民保護法:10月の答申目指す--県協議会が初会合 /山形

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050427-00000084-mailo-l06

 国民保護法の施行に伴い、県は26日、国が武力攻撃を受けた際の避難や救援などの基本計画を審議する「県国民保護協議会」(会長・斎藤弘知事)の初会合を山形市内で開いた。同協議会は、県が7月に示す県国民保護計画案を審議、10月には知事に答申。来年2月には、県が完成した計画を県議会に報告する予定だ。
 同協議会は県や自衛隊の他、医療、通信、ガス、電気といった各公共機関などの委員約70人で構成。同法に基づき、県の実情に合った具体的な避難・救援措置と、被害を最小限に食い止めるための方策を審議する。
 この日の初会合では、県担当者が法制度の概要や協議会の位置付けなどを説明。委員が意見交換し、県内の医療機関が災害時にどう連携するかも審議していく必要があることなどが提案された。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 有事の民間保護は複数部署間の調整(特に警察関連)から事前の物資備蓄と能力育成、行政計画の作成と複雑な業務を十分にこなしておくことが求められる*ものである以上、この手の実務的な行政が(何かと五月蝿い外野がまだまだ絶滅しきっていない中で)進むのは高く評価したい。
 ただ、実際に独仏の有事法体系がそう定めているように基本的に民間保護は国家権力が第一ではなく、自助努力に拠るところが大きいということは我々国民も(忘れがちだが)忘れるべきではない。
危機管理とはもれなく全てを救うことではないし、そもそも国家権力はそんな全能性を持ち得ない。  【“国民保護法:10月の答申目指す--県協議会が初会合 /山形”の続きを読む】

アニメ版「ニニンがシノブ伝」

・圧倒的台詞量の若本氏もさることながら、秘かに氏と並んで楽しそうな関智。
さすがはエロ声優。
しかし「ご主人様、尻尾は弱いんですぅ」とかモブ忍者役の声優はえらいこと言わされとるな(笑
男性声優にも羞恥プレイさせるアニメは珍しい気がする。
 
・みんなで川で泳ぐシーン、楓の濡れ方がエロいなあと思った次の瞬間忍者がモザイク見せながら流れていったのには肝を潰した。
いやそっち見せるんかい。
怪しい水音が響くというエロさ特大増量の音速丸の着替えシーン妄想も吹いたが(笑
 
・テンションというか勢いの良さが失われているのは惜しい。漫画とアニメの媒体の差もあるだろうけど。
まあテンションの方はやたら高いしな。サスケたちとか。
 
・マッチョ音速丸のキモさが原作より45%くらいアップしててヨイ。
  
・原作の複数の話をつなぎあわせてアニメにしているので、尺がはみ出ると容赦なく削られるものの基本的に原作の台詞はきちんと使われるのがたまらん。
「かわいい妹が兄貴の部屋でエロ本見つけて真っ赤になりながらあたふたしてる」とか若本声で実際に発声されるのを聞くとどうにもこうにもこみ上げる笑いが…
「僕のエッチピストルをもしもししてるのは誰」ってのもちゃんと喋ったしなー。

種デス感想

28話「残る命散る命」

●ブラストインパルスvsアビスはかなり見応えがあった。
水上でホバーとか使いながらバカスカ撃ち合うのはいいね。
セイバーもバンクを使わずによく動いてたし。
普段からこれくらいやってりゃなあ。
 
●アウル、ビームジャベリン食らったのに出血するヒマがあったのか。
 
●トダカ一佐
・なんで火砲の生きている戦艦に空母で体当たりするんだ?
 
・馬場一尉といい、なんであんなカガリ命なんだろ。
無責任な観念的倫理論に傾斜している彼女より、なんだかんだで常にオーブの安全保障のことを念頭に置いて喋るユウナのほうが遥かに正論を言ってるぞ?
 
●ソードインパルスにぶった斬られるタケミカヅチはゴジラvsキングギドラを思い出した。
生い立ちを考えれば当然だが、シンは敵にはホント容赦ないな。
生身の人間にバルカン撃ったりするところをみると「相手は人間じゃない、なら僕だって」の類でもないし。
恩人がいるとは知らずに斬ったシンだが、リアルで今のトダカと会って話しても明らかに意見合わなかったろうな。
 
●キラは………もういいや。

「壊れやすい願いだけ なぜこんなに、あるんだろう?」

ハマーンが仲間になるスパロボは結構あるのにマシュマーが仲間になるスパロボがないのはどうしたことか。
(64では選択でなるらしいが)
クロノクル&カテジナが仲間になるスパロボが出たんだからマシュマーも味方として使いたいよ。
次のスパロボでは確実に無理だろうけど。 
 
で、その3次α。
アストレイが出そうにないが実際本当にロウがいなかったら例のキラワープは一体どうなるんだろ。
 
1、別の誰かがキラをプラントまで運ぶ
2、しっかりロウ登場
3、本放送を再現。キラ唐突に宇宙まで空間転移。
 
確率としては1>3≧2といったところか。
マクロス7のフィジカやイデオンのキッチ・キッチンはどうなるんだろ。
トップのスミスはもうやらないだろうけど…
つうか7なんかミンメイ健在のままでプロトデビルン遭遇&ファイアーボンバーデビューになるんだな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。