「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「沖縄返還後の日米安保」野添文彬

・事前協議の骨抜き化について。
「骨抜きになっている」ということは時々話に出るが、ではなぜ骨抜き化されたのか?は寡聞にして知らなかったし、またあまりに迂闊ではあったが関心が行かなかった。
米側から国防総省が要求してくるのはわかりきった話としても、日本側も外務省が「極東有事において米側の自由な基地使用を認めるほうが極東の安定、ひいては日本の安全保障上益となる」という判断、少なくとも軍事的合理性から見れば特に反論する要素は思いつかない。(政治的に見るとどうかはまた別の問題がありそうに思えるが)

・すでにこの時期から在沖海兵隊は軍事的機能を求められて駐留しているというよりアメリカのアジア関与、日本防衛のプレゼンスやコミットメントの証としての機能が主になっているというくだりを今まで知らなかったのはあまりに迂闊だった。

・外務官僚や防衛官僚にとっても過剰な在沖米軍基地の負担は日米安保の安定的継続に支障をきたすという認識はあるが、さりとて安全保障上の要求として大胆な基地返還は進めにくく……という構図はこの時代からすでに出来上がっていたというのは興味深い。

普天間返還をめぐって日米沖関係が極端に悪化している現在において、現代に至るまで各アクターが在沖米軍基地問題をどのように認識していたのかを知る上で非常に有益な一冊。
スポンサーサイト

在日米軍基地 環境調査入れず 14年度から 沖縄など「再開を」

環境省が全国の米軍基地の環境汚染を防止するため実施している「在日米軍施設・区域環境調査」で、2014年度から基地内への立ち入り調査ができなくなっている。日米安保条約に基づく日米合同委員会で決まったものとみられるが、環境省は「米側との協議内容は公表できない」として経緯は不明だ。基地内の汚染が把握できない恐れがあり、基地が集中する沖縄から再開を求める声が出ている。【福永方人】

 同調査は1972年の沖縄返還後、基地に由来する環境汚染が相次いだことをきっかけに78年度に始まった。日米合同委で米側と合意した計画に沿って実施。基地内の水質と大気を定期的に把握できる唯一の機会で、汚染が確認されれば、合同委で米側に対策を申し入れてきた。沖縄県だけは排水調査を県に委託している。

 沖縄では12年度に奥間レストセンター(国頭村)の下水処理施設、13年度に普天間飛行場(宜野湾市)の排水溝で、いずれも環境基準を上回る大腸菌群数が検出された。同調査とは別だが、過去には米軍横田基地(東京都福生市など)で93年、貯蔵タンクから燃料が漏れ土壌汚染につながった例もある。

 最後の立ち入りとなった13年度は沖縄では普天間飛行場など8施設、本土では横須賀基地(神奈川県)など6施設の内部を調査した。14年度からは基地周縁の河川や側溝など、基地外だけで調査を続けている。環境省水・大気環境局の早水輝好局長は今後について、「調査方法を工夫することで、以前と遜色がないよう努めたい」と説明している。

 一方、沖縄県環境保全課は環境省から「米軍の合意が得られなくなった」と説明を受けた。同課は「汚染水は基地内の川を流れる過程で薄まってしまう。基地外だけの調査にはあまり意味がない」として立ち入りの再開を求めている。

 基地の環境を巡る日米間の取り決めには、15年9月に締結した日米地位協定の「環境補足協定」がある。立ち入りについては約7カ月以内に返還される土地は広く認められるが、それ以外は環境事故が発生した場合、米側が「妥当な考慮」を払うとしたのみで、定期的な立ち入りは担保されていない。

 沖縄で基地周辺の環境調査を行う名桜大の田代豊・国際学群教授(環境科学)は「基地の環境対策を米軍任せにせず、日本側が立ち入り調査をすることが重要だ」と語る。

 立ち入りの中止は沖縄の調査団体「インフォームド・パブリック・プロジェクト(IPP)」による県への情報公開請求で判明した。IPPの河村雅美代表は「重要な基地内へのアクセス権が奪われ、環境政策の後退だ。周辺住民の生活に関係するのに公表しなかった国や県の姿勢も問題だ」と指摘した。

沖縄米軍基地に由来する主な環境事故
2000年 1月 嘉手納弾薬庫地区(沖縄市)

ボイラー室から比謝川へ油が流出し、取水が18時間停止

---------------------

  02年 1月 キャンプ瑞慶覧射撃場跡地(北谷町)

タール状の物質が入った大量のドラム缶が見つかり、周辺の土壌汚染が発覚

---------------------

  03年 4月~ キャンプ桑江跡地(北谷町)

土壌からヒ素や鉛などの有害物質を検出

---------------------

  06年11月 読谷補助飛行場跡地(読谷村)

環境基準を超える鉛、フッ素などの有害物質を検出

---------------------

  09年 7月 キャンプ・コートニー(うるま市)

ポンプの不具合により、最大約6万2000リットルの汚水が基地外に流出

---------------------

  13年 6月~ 嘉手納基地跡地(沖縄市)

サッカー場の地中から大量のドラム缶が見つかり、缶の付着物から国の環境基準を超えるダイオキシン類を検出

 ※2000年以降、沖縄県の資料などを基に作成


この手の話はすぐに憲法9条決死擁護勢や「世界的に見て異常な日米地位協定!」という短絡的な比較論を持ち出す極論を述べる論者の燃料になるばかりで、長島昭久の言うような「地位協定に環境汚染に対する米軍への原状回復義務を明文化しよう」というような建設的……というよりかは「まずはできることからやっていこう」という地道な議論が埋もれてしまい、結果として沖縄への負担集中や日本国内法の環境保護規定からの米軍の免除規定はいつまで時間が経ってもそのまま。
特に地位協定と聞くとハッスルし始める前泊博盛の話を聞いてテンションが高くなる筋の論者の中で「一次裁判権無条件返還は他国でもほとんど例がない(93年のドイツのボン補足協定改定でも無条件返還はついに拒否で押し通した) 」「そもそも日本の司法制度が最大の壁」という点はどれほど認識されているのか甚だ疑問である。

南スーダン日報問題 雑感

現状、まだ特別防衛監査の結果がどう出るか、稲田防衛相の去就はどうなるか等はっきりしていないことが多く、総括的な論評を書くには早すぎるが、気になる点が2つ。

まずことは防衛省・自衛隊の公文書管理が杜撰という点から始まった話で、いかに稲田防衛相が防衛大臣としての適性や能力を欠く人物であるとしても稲田防衛相を辞任させれば解決する……という類の問題ではない事。

そしてもうひとつはこのニュース。


南スーダンPKO日報隠蔽問題 非公表、次官の意向 「公文書に当たらず」 防衛省
https://mainichi.jp/articles/20170720/ddm/001/010/222000c

南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報の隠蔽(いんぺい)問題で、陸上自衛隊が保管していた事実を非公表とする方針は、防衛省事務方トップの黒江哲郎事務次官の意向に沿ったものだったことが19日、複数の政府関係者への取材で分かった。黒江次官は2月15日の緊急会議の前後に岡部俊哉陸上幕僚長と直接会い、「公文書には当たらない」として非公表とすることを伝えていた。

 防衛相を補佐すべき立場の事務次官が、一連の隠蔽を主導した疑いが出てきた。非公表を了承した稲田朋美防衛相の統率力の欠如を露呈し、防衛省・自衛隊の隠蔽体質が厳しく問われるのは必至だ。防衛監察本部の特別防衛監察結果に、こうした経緯がどこまで反映されるかが注目される。

 稲田氏は2月13日と15日の2回、陸自側から保管などの報告を受けたことが分かっている。稲田氏は報道陣に「緊急会議を開催した事実はなく、2日前に事前説明があったことはない」と否定。「陸自に電子データが残っていたとの報告があったという認識はない」とも語った。黒江次官は共同通信に「監察の対象のため、内容についてのお答えは差し控える」と文書で回答した。

 関係者によると、保管の事実を公表するか協議する2月15日の緊急会議の前に、黒江次官は岡部陸幕長と会い、陸自のデータを公表するか確認を求められた。黒江次官は「陸自のデータは個人が保存していた文書」と位置付け、「公文書には当たらない」として、公表しないと伝えた。

 同じ15日に緊急会議が開かれ、稲田氏や黒江次官、岡部陸幕長らが出席。非公表の方針が示され、稲田氏も了承した。岡部陸幕長は翌16日にも黒江次官を訪れ、見解をただしたが、方針は変わらなかったという。


極めて重大な発言であると感じる。
日報が公文書ではなく公表に値しないというとてつもない判断(それが公文書でないのならもはや公表すべき公文書など何もないだろうとすら言ってもよいのではないか?)を、防衛事務次官が下していることの意義は現状見過ごされているが、あまりにも危険だ。
はっきり言えば更迭すべきは稲田防衛相だけではなく黒江事務次官もだろう。
こういう認識を持つ人間が事務次官でいてもらっては非常に困るとしか言いようがない。

被爆者が国連大使と面会 核兵器禁止条約不参加に失望伝える

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170617/k10011021061000.html

ニューヨークの国連本部で開かれている、核兵器を法的に禁止する初めての条約の制定を目指す交渉会議に長崎市から派遣されている被爆者が、日本の別所国連大使と面会し、日本が交渉に参加しないことへの失望感を伝えました。
面会したのは、長崎の被爆者で長崎原爆病院名誉院長の朝長万左男さんです。朝長さんは長崎市の代表として、ニューヨークの国連本部で開かれている核兵器禁止条約の交渉会議に派遣されていて、16日、日本の国連代表部に別所国連大使を訪ねました。
面会の様子は冒頭のみ公開され、朝長さんによりますと、長崎市の田上市長からのメッセージとして、「日本が核兵器禁止条約の交渉に参加していないことへの失望感が広がっている」と伝えたということです。
これに対し、別所大使は「失望感はわかるが、北朝鮮の脅威がある状況で、核の傘から出る決断はできない。悩んだ末に今回交渉に参加しない決定をした」と説明したということです。

朝長さんは面会のあと、「日本政府として苦しい判断だったことはわかるが、核兵器のない世界の実現のためには、核兵器禁止条約は必要なので、日本も将来的に加わるかどうか、考えないといけない」と話していました。

朝長さんは20日に核兵器禁止条約の交渉会議で核兵器の非人道性を伝えるスピーチを行うということです。


「安倍政権は立場・意見が異なる相手との対話をまったく軽視していて、形だけでも対話を試みましたと取り繕うことすらしない」という批判を見かけて、まったくその通りだと強く同意したのですが(特に沖縄基地問題における翁長知事ら沖縄県サイドとのやり取りは徹頭徹尾沖縄県を無視してものごとをゴリ推しているようにしか見えない)、こちらの国連大使はきちんと自らの立場を説明し理解を求めるということをしていて非常に感心した。

そうであれば記事中の朝長氏もこのようにある程度の日本政府の立場への理解を示しつつもより建設的な将来の話を述べることができるし、評者もこれに対して「予見できる未来、10年20年の範囲内では実現しないだろうけれども、しかしいつか東アジアの安全保障環境を改善し、米国の核の傘に頼らなくとも良い(≠日米同盟に頼らなくとも良い)時代を作り、堂々と核兵器禁止条約に参加すべきだ」と考える。
何がなんでもとにかく核兵器の全面即時撤廃だ!と言われたらそういうことは言えないし、またそんなコメントを引き出すような政府の言葉や見解を打ち出すべきではない。

残念ながら安倍政権は沖縄基地問題では全米軍基地の全面即時撤退を要求するような強硬派を扶植するようなことばかり言っているが……

(社説余滴)1万2千キロ彼方の自衛隊

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12674642.html?_requesturl=articles%2FDA3S12674642.html&rm=150

 「駆けつけ警護を嫌がっているわけではありません。だけど、私たちは何を守るのかと思うことはある」

 自衛隊の幹部の一人は、慎重に、言葉を選ぶように言った。日本から1万2千キロ彼方(かなた)のアフリカの地で、命をかけることの重い意味。

 安倍政権は、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されていログイン前の続きる陸上自衛隊に、駆けつけ警護などの新任務を付与した。

 あくまで不測の事態への対処であり、PKOの現場で、任務の必要性があることは理解できる。これに社説で反対したのは、現地の情勢の厳しさを重くみたからだ。

 日本として急ぐべきは新任務の付与ではなく、むしろ自衛隊が撤収できる環境づくりではないか、と。

 「いつまで南スーダンにいればいいんですか」

 別の自衛隊幹部からは、そんな本音も漏れる。

 撤収に向けた出口戦略もないままに、派遣継続が自己目的化していないか。南スーダンの道路整備などのために派遣されている施設部隊。その高い能力をいかした別の活動が考えられないか。

 PKOでは、たとえば能力構築支援に力を入れる道もあると、この幹部は言う。

 南スーダンの隣国ケニアではPKOの一環として、陸自の教官団がケニア軍などを対象に、油圧ショベルなど重機の使い方を訓練している。あまり目立たないかもしれないが、平和憲法をもつ日本らしい貢献と言えるだろう。

 近年のPKOは、住民の保護を理由に積極的に武力を使っている。大規模な部隊派遣は途上国が中心だ。

 だが自衛隊は、憲法9条のもとで、そこに部隊を出し続けている。

 「自衛隊員が血を流すような国にならなければ、日本は信用されない」

 外務省の官僚と話していると、そんな言葉を聞くことがある。国連安全保障理事会の常任理事国入りをめざすためにも「PKOでの自衛隊の活動をグローバルスタンダードに近づけたい」――。

 自らの部下を送り出す自衛隊の幹部からは、あまり聞かれない言葉だ。自衛隊員の多くは、日本が攻められた時、日本を守るためにこそ、血を流す覚悟をしている。

 自衛隊と外務省の間には、思いのほか深い溝があるように見える。

 初雪舞う東京で、南スーダンで汗をかく隊員たちの無事を祈る。


 「自衛隊員が血を流すような国にならなければ、日本は信用されない」というくだりが議論を読んでいる記事である。
しかし元々湾岸戦争のトラウマ以来、外務省はルワンダでは現地の治安情報を隠蔽・操作してまでも自衛隊派遣に拘り、イラクでは防衛庁(当時)に掛け合うこと無く真っ先に自衛隊派遣を決めるなど、とにかく人的資源を投入しての国際貢献に強く執着している。
つまり元来外務省はずっとそういう姿勢で湾岸戦争後やってきたのだし、この件も「資金のみならず人的貢献も必要だ」という、それなりに普遍性があると思われる話を、たまたま過激な言い回しで表現したに過ぎない。

また評者は冒頭に出てくる自衛官幹部の意見や、文末の「自衛隊員の多くは、日本が攻められた時、日本を守るためにこそ、血を流す覚悟をしている」というくだりに対しては「国際派遣対外協力が本来任務化してもう10年だぞ」という意見のほうを強く抱く。
なんとも今更だという話で(その本来任務化そのものがおかしいという話ならまた別だが)、非常に白々しく感じる。

ただこの社説で大勢として言いたい話としては評者も同意見である。
外務省が実際に負担を受け持つ自衛隊・防衛省と十分な調整を済ませないまま海外派遣の実績作りに走ってきたことににかけては上記のようにその実績があり、先走るのが防衛省ではなく外務省であれば受け入れられるという話でもない。
十分な議論をもっと尽くすべきであろう。