「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

南スーダン日報問題 雑感

現状、まだ特別防衛監査の結果がどう出るか、稲田防衛相の去就はどうなるか等はっきりしていないことが多く、総括的な論評を書くには早すぎるが、気になる点が2つ。

まずことは防衛省・自衛隊の公文書管理が杜撰という点から始まった話で、いかに稲田防衛相が防衛大臣としての適性や能力を欠く人物であるとしても稲田防衛相を辞任させれば解決する……という類の問題ではない事。

そしてもうひとつはこのニュース。


南スーダンPKO日報隠蔽問題 非公表、次官の意向 「公文書に当たらず」 防衛省
https://mainichi.jp/articles/20170720/ddm/001/010/222000c

南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報の隠蔽(いんぺい)問題で、陸上自衛隊が保管していた事実を非公表とする方針は、防衛省事務方トップの黒江哲郎事務次官の意向に沿ったものだったことが19日、複数の政府関係者への取材で分かった。黒江次官は2月15日の緊急会議の前後に岡部俊哉陸上幕僚長と直接会い、「公文書には当たらない」として非公表とすることを伝えていた。

 防衛相を補佐すべき立場の事務次官が、一連の隠蔽を主導した疑いが出てきた。非公表を了承した稲田朋美防衛相の統率力の欠如を露呈し、防衛省・自衛隊の隠蔽体質が厳しく問われるのは必至だ。防衛監察本部の特別防衛監察結果に、こうした経緯がどこまで反映されるかが注目される。

 稲田氏は2月13日と15日の2回、陸自側から保管などの報告を受けたことが分かっている。稲田氏は報道陣に「緊急会議を開催した事実はなく、2日前に事前説明があったことはない」と否定。「陸自に電子データが残っていたとの報告があったという認識はない」とも語った。黒江次官は共同通信に「監察の対象のため、内容についてのお答えは差し控える」と文書で回答した。

 関係者によると、保管の事実を公表するか協議する2月15日の緊急会議の前に、黒江次官は岡部陸幕長と会い、陸自のデータを公表するか確認を求められた。黒江次官は「陸自のデータは個人が保存していた文書」と位置付け、「公文書には当たらない」として、公表しないと伝えた。

 同じ15日に緊急会議が開かれ、稲田氏や黒江次官、岡部陸幕長らが出席。非公表の方針が示され、稲田氏も了承した。岡部陸幕長は翌16日にも黒江次官を訪れ、見解をただしたが、方針は変わらなかったという。


極めて重大な発言であると感じる。
日報が公文書ではなく公表に値しないというとてつもない判断(それが公文書でないのならもはや公表すべき公文書など何もないだろうとすら言ってもよいのではないか?)を、防衛事務次官が下していることの意義は現状見過ごされているが、あまりにも危険だ。
はっきり言えば更迭すべきは稲田防衛相だけではなく黒江事務次官もだろう。
こういう認識を持つ人間が事務次官でいてもらっては非常に困るとしか言いようがない。
スポンサーサイト

「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.14」聴猫芝居

・ちゃんと結婚記念日を覚えてる(しかも何回もあったので『本当にあの日でいいのかね?』ということまで含めて覚えてる)ルシアンと、「ルシアンがちゃんと結婚記念日覚えてくれてたんでもうそれだけでいいかなって」というアコ。この二人つくづく仲いいよな。

・さらっとアコをさして「理想から大きくかけ離れてるわけじゃないんだよなぁ、部分的に大きな問題を抱えてるだけで」
惚気話いただきました。

・どさくさに紛れて結婚指輪の大きさのアピールというヒロインが惚れた相手にするには重すぎるアピールをかますアコと、「一応覚えておくけど」と対応するルシアン(後で聞き返された時ちゃんと覚えてた)。
やっぱりこいつら先天的に仲がいいというかムーンセル製カップルかと思うほど根本の相性がいいっていうか……

・アコの体温を感じないくらい彼女と離れると新鮮な気分になるルシアン。この二人ふだんはどれだけべったりくっついてんの。

・相変わらず瀬川との距離感絶妙だよなあ。「友達に『ちょっとお前さわんな』って言わないだろ普通」だけど、「アコの手前ちょっと止めるべきだったかと反省はしてる」。

・「バフの掛け直しをしておこうかと」
「口で言えばよかろうに」
「せやかてルシアンですよ」
「せやかてじゃねーよ」
こういう小気味よいテンポの良い掛け合いホント上手いんだよなあこの作品。

・セッテさんと名前で呼び合ってクラスメイトに嫉妬されるという流れで「嫁さんが怒ってないからなんか理由あるんだろ」って多少の八つ当たりは含みつつも普通にそれで納得するあたりクラスメイトも訓練されすぎている……

・そろそろネタ切れマンネリになりそうな巻数重ねてるはずなんですが、「誰が本物か当てるゲーム、ついでに絶対に本物じゃないと思う人も当てよう」とかなかなかありそうでない展開で面白い。マテリアル・パズルのメモリア魔法陣読んでた時の感覚に近いものがある……とまで言っちゃうとちょっと褒めすぎですが。

・ご両親への挨拶イベントなのにルシ母もアコも台本見ながら会話してるの面白すぎるでしょ。

・結婚式に呼ぶ人間が大勢増えたの、なんというか成長的なものを感じられるというかとにかくアコの幸せ値が増大しているのが分かるので良かった。

・ルシアンが風邪引いた時のマスターの反応が和む。ルシアコが仲いいのはそうだけど、メイン4人の間もとことん仲いいよね。

・ついに親にも認めてもらえて後は本当に結婚するだけなんだよなぁ。
そもそもルシアンだって「いやもっと手順とか段取りとか踏みたいし……」「きちんと嫁を養えるようになってからがいいし……」という理由で「法律が許し次第即座に結婚するのはちょっと」って渋ってるだけで「アコと結婚すること」そのものは普通にその気になってるわけだし。

・しかしルシアン母面白い母だった。そりゃ西村兄妹がああ育つわ。

次回は修学旅行。また何を見せてくれるのか楽しみです。

昨今の政治事情あれこれ

・共謀罪に関する議論、「パヨクのいつものオオカミ少年」という属人的で党派性にもとづく法案擁護(?)はあっても、「構成要件該当性があいまい、などという批判はあてはまらない」という法律論からの擁護はついぞ見かけなかったなぁ。
まあオオカミ少年っていう批判そのものはその通りだとは思うけど、それとこれとは別というか、それはそれとして本当にこの法律に問題はないのか?それこそ構成要件該当性のあやふやさは見過ごしていいのか?みたいな。
まあそのへんの底辺ネトウヨの妄言はさておき、破防法第4条の「教唆」「せん動」って結局これの具体的な定義はなんだ?責任主義にもとるのでは?という話をもう一回繰り返して読んでいるような印象があったなあ共謀罪の審議。

・憲法改正案を秋国会に提出ってなんでそんなに焦ってるんだろう。
無理な解釈改憲してまで集団的自衛権解禁したし、そうなるともう九条は何を禁じているのか状態だというのに。
いや防衛法の解釈や法理論の整理という意味では自衛隊の憲法への明記ってのは小さくない意味がある(九条がある中で自衛隊を正当化するためにどれほどの政治的コストが費やされてきたやら)けど、枝野たちが言うように圧倒的大差で改憲されるべきで、賛否が僅差の状態で改憲したら憲法と自衛隊の亀裂を埋めるための改正で社会に亀裂を残すという本末転倒な事態に陥るのでは。
「九条と自衛隊の両立は本来は不可能で、今までなあなあでやってきたけど、九条を取るのか自衛隊を取るのか一本化するのが立憲主義だ」という意識が国民に根付くまでは待つしかないと思う。

・公文書管理の問題が次から次へと湧いて出てきて笑ういや笑えない。
南スーダン日報問題みたいな重要ごとが森友・加計みたいなどうでもいいスキャンダルでかき消されたみたいな意見ちょくちょく見るけど、この3つは全部同じ根から生えた問題だからな?
というよりむしろ日報問題だけだったら「公文書管理の不祥事のメッカがまたやりました」で終わってたかも。
日報(防衛省)・森友(財務省)・加計(文科省)と複数の省をまたいで公文書管理法が遵守されていなかったという事実が発覚したからこそ(どこまで本腰かはともかくとしても)行政文書ガイドラインの見直しって話に繋がったんだろうし。

被爆者が国連大使と面会 核兵器禁止条約不参加に失望伝える

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170617/k10011021061000.html

ニューヨークの国連本部で開かれている、核兵器を法的に禁止する初めての条約の制定を目指す交渉会議に長崎市から派遣されている被爆者が、日本の別所国連大使と面会し、日本が交渉に参加しないことへの失望感を伝えました。
面会したのは、長崎の被爆者で長崎原爆病院名誉院長の朝長万左男さんです。朝長さんは長崎市の代表として、ニューヨークの国連本部で開かれている核兵器禁止条約の交渉会議に派遣されていて、16日、日本の国連代表部に別所国連大使を訪ねました。
面会の様子は冒頭のみ公開され、朝長さんによりますと、長崎市の田上市長からのメッセージとして、「日本が核兵器禁止条約の交渉に参加していないことへの失望感が広がっている」と伝えたということです。
これに対し、別所大使は「失望感はわかるが、北朝鮮の脅威がある状況で、核の傘から出る決断はできない。悩んだ末に今回交渉に参加しない決定をした」と説明したということです。

朝長さんは面会のあと、「日本政府として苦しい判断だったことはわかるが、核兵器のない世界の実現のためには、核兵器禁止条約は必要なので、日本も将来的に加わるかどうか、考えないといけない」と話していました。

朝長さんは20日に核兵器禁止条約の交渉会議で核兵器の非人道性を伝えるスピーチを行うということです。


「安倍政権は立場・意見が異なる相手との対話をまったく軽視していて、形だけでも対話を試みましたと取り繕うことすらしない」という批判を見かけて、まったくその通りだと強く同意したのですが(特に沖縄基地問題における翁長知事ら沖縄県サイドとのやり取りは徹頭徹尾沖縄県を無視してものごとをゴリ推しているようにしか見えない)、こちらの国連大使はきちんと自らの立場を説明し理解を求めるということをしていて非常に感心した。

そうであれば記事中の朝長氏もこのようにある程度の日本政府の立場への理解を示しつつもより建設的な将来の話を述べることができるし、評者もこれに対して「予見できる未来、10年20年の範囲内では実現しないだろうけれども、しかしいつか東アジアの安全保障環境を改善し、米国の核の傘に頼らなくとも良い(≠日米同盟に頼らなくとも良い)時代を作り、堂々と核兵器禁止条約に参加すべきだ」と考える。
何がなんでもとにかく核兵器の全面即時撤廃だ!と言われたらそういうことは言えないし、またそんなコメントを引き出すような政府の言葉や見解を打ち出すべきではない。

残念ながら安倍政権は沖縄基地問題では全米軍基地の全面即時撤退を要求するような強硬派を扶植するようなことばかり言っているが……

映画「日本のいちばん長い日」岡本喜八版

キリコが酒を飲んだ時に言った感想を持って俺のこの映画に対する意見・感想とさせていただきます。